スポンサー1

iPhone Xシリーズは失敗作だと思う理由

シェアする

スポンサー2

iPhone Xシリーズは失敗作だと思う理由について説明します。

iPhone Xとは

2017年9月12日、アメリカ・カリフォルニア州クパティーノのThe Steve Jobs Theaterで初開催されたアップルのスペシャルイベントの最後に発表されたiPhoneの10周年記念モデルです。

注意事項

ここからは個人的な考えが含まれており、気分を悪くされる場合があります。

iPhone Xが気にっている、全く不満が無いといった方はこの時点で速やかにこの記事のページを離れる事を強くお勧めします。

ホームボタン/Touch IDの廃止

iPhone Xはホームボタンが完全に廃止されました。

そのため、画面の下部に「ホームインジケータ」というバーが常に表示され、ホームインジケータを上にスワイプしてホームに戻る、 Appスイッチャーを開くなどの操作を行うことができます。

このバーは、iPhoneを使う上でホームボタンと同じような役割を果たしているので必要になってくるのですが、とある問題が起こります。

「ホームインジケータ」が画面の下部に常に表示される為、横画面でゲームをやっていたり、画面の下にボタンがある様なアプリを使っている時にバーに触れてしまうと誤操作の原因となったりするので、iPhoneを使用する上で邪魔な存在になり得るということです。

また、ホームボタンが廃止された為、ボタンに内蔵されていた指紋認証のTouch IDも廃止されました。

M字ハゲディスプレイ

指紋認証のTouch IDが廃止されてしまった為、代わりの認証システムが採用されました。

それは、顔認識認証システムであるFace IDです。

iPhone Xの最大の特徴であるM字ハゲディスプレイの原因となった機能ですね。

そのM字ハゲディスプレイが原因でステータスバーの幅が小さくなり、表示する事ができる情報量がこれまで以上に減ってしまいました。

今までのiPhoneまで表示できたバッテリー残量%表示は、ステータスバーの表示部分が狭いため表示できなくなっています。

ですが、コントロールセンターでは表示される様になっているのですが、そういう統一感のない仕様にするのであれば、最初からM字ハゲにするべきではないと思います。

ステータスバーにもう少し多くの情報を表示できるようにするべきなのではないでしょうか?

例えば、iPhone SEやiPhone 6sの画面サイズであれば、アンテナピクトの横にキャリア名が表示されますが、それを非表示にし、時計の部分に時間だけではなくて日付も表示出来るようにしたり、iOS 6まであった音楽の再生マークを復活させたりなど、いろいろとやるべきことがあるのではないかなと個人的には思っています。

そういった工夫が全く見られません。

主にロックを解除したり、認証する時だけにしか使えない機能の為だけに、もっと有効活用することが出来るステータスバーの幅を小さくし、表示できる情報量を減らすことは間違っています。

裏面のAppleマークの部分にTouch IDをつけて欲しいぐらいです。

M字ハゲはかっこ悪い

カメラの出っ張りは見ずに、画面が黒の状態でiPhone本体全体を見ると、ホームボタンがないとどう見えるのか。

ボディは綺麗だし、側面も高級感があるという風には正直思ってます。

しかし、M字ハゲの存在は邪魔すぎて、せっかくの高級感が残念な結果になっていますね。

Appleのホームページを見ても分かる通り、iPhone XSの画像を見ると、一生懸命にM字ハゲが見えないように、画面の上部が綺麗に隠れるように壁紙を黒にしています。

しかし、iPhone XRの場合はM字ハゲがあります!と目立つように目立つ色で紹介しています。

iPhone XSと廉価版のiPhone XRの見た目を変えることによって、価格の高い方のiPhone XSを買わせようとしているのではないかなと個人的には感じている部分ではあります。

iPhone XSのM字が目立たないようにしているという工夫に加えて、iPhone XRは見えるようにしている。

なおかつ3D TouchがiPhone XRには無いという点も差別化していますよね。

AppleホームページでiPhone XRの見た目を悪くして、iPhone 8には搭載している3D Touchが搭載していないとなると、10万円超えの端末を買わせようとしているのではないかと思えます。

背面はガラス

iPhone 4やiPhone 4sの時にも問題になりましたが、本体の背面がガラスだと、落とした時に割れることがあります。

iPhone 8でも同じことが言えますが、やはりiPhoneというのは携帯電話ですから、いつでも、何処にでも持ち歩くわけですから、壊れやすいものを搭載するというのはおかしな話ですよね。

画面がガラスというのは分かりますが、背面に関して、iPhone 5からiPhone 7の場合は軽くて丈夫なアルミニウムでした。

なので、確実にガラスよりもアルミニウムの方が耐久性があります。

確かに落としてしまうといくらアルミニウムの背面でも凹んでしまう可能性はありますが、ガラスの場合は割れてしまうとその見えないような小さな破片で怪我をする恐れがあります。

そういったことは設計をする上で考えているのかも気になりますが、ガラスが割れているところを見ると、個人的にはあまり好きではありませんね。

蜘蛛の巣みたいな感じになる事がほとんどなので気持ち悪いです。

凹むぐらいであれば我慢はできますが、やはりガラスが割れて目立つとなると見たくもありませんし、M字ハゲと同様にかっこ悪いですよね。

せっかくの高級感が台無しになります。

焼き付きディスプレイ

iPhone Xシリーズでは、従来のRetinaディスプレイではなく、有機ELディスプレイが採用されているのですが、これもまた問題です。

iPhone Xに採用されている有機ELディスプレイは、ピクセルがそれぞれ発光して画面を表示しています。

それ以外のiPhoneシリーズに採用されているRetinaディスプレイでは、画面の裏側からバックライトで光を当てて表示ていします。

このことから、iPhone Xシリーズの有機LEディスプレイは、色鮮やかでコントラストの高い表示ができたり、黒表示するピクセルは消灯することがにできるため、電力を消費を抑える事が可能です。

しかし、最も問題視しなければいけないことは、同じピクセルが長時間同じ色を発光することによって、焼き付きが発生する事があるという点です。

焼き付きを防止する方法として、ディスプレイの表示時間を短くする、明るさをできる限り暗くするなどといったなどがありますが、ここまで工夫しないと防ぐ事ができません。

個人的にRetinaディスプレイでも十分に綺麗だと思いますし、これ以上綺麗になったとしても人間の目では分からないと思います。

なお、有機ELディスプレイは長持ちしないとも言われており、従来のRetinaディスプレイのiPhoneシリーズとは違って、長期間の使用をする場合、画面が焼き付いてしまい、持たないとも言われています。

iPhone Xシリーズの場合、2年で限界とも言われており、焼き付きによって高額なiPhoneが台無しになってしまいます。

もちろん、従来のRetinaディスプレイでも画面の変色をする事はありますが、有機ELディスプレイほど早い段階で起こる問題ではありません。

つまり、iPhone Xシリーズの有機ELディスプレイは長持ちしないという事です。

画面のM字ハゲが邪魔

画面の上部が凹んでいたりすると、やっぱり邪魔に感じてしまいます。

その理由は、縦にしている状態であれば、ステータスバーが表示される事が多いので特に問題ではないとは思いますが、問題は横の時です。

このように、M字ハゲの出っ張りによって、画面の一部が表示できません。

M字ハゲの凹んだ部分も画面の一部となっており、隠れてしまっているのです。

昨年のiPhone X発表以降、Android端末でもM字ハゲを搭載した端末が販売されましたが、そのAndroid端末には素晴らしい機能が搭載されていました。

それは、M字ハゲを隠す事が出来る機能で、M字ハゲの部分を黒くして、目立たなくする機能です。

目立たなくする機能を付けるのであれば、最初からM字ハゲをつけるなという話にはなりますが、ユーザーの選択肢を与えているという部分は非常に評価できるのではないかなと思います。

M字ハゲの部分は画面の一部ではなく、ステータスバーだけの役割にする設定が欲しいところですね。

パソコンやテレビなどのディスプレイでも同じ事が言えると思いますが、一部が表示できない部分があると問題になると思いますが、iPhoneの画面でも同じ事が言えると思います。

カメラの出っ張り

これは、iPhone 6から言われていますが、昔のiPhoneシリーズのカメラは出っ張っていませんでした。

カメラの出っ張りが起こってしまった原因として、やはり画面の巨大化により、厚さが薄くなってしまい、技術的にその薄さにカメラを収まりきれなかった為だと言われていますが、それ以降、カメラの出っ張りに関してAppleは開き直っているのですよね。

全くカメラの出っ張りを無くす努力は見せずに、カメラの画質ばかり強調しています。

iPhoneはカメラでしょうか?

違いますよね?

iPhoneは携帯電話であり、本来の存在意義を忘れつつあります。

実際、iPhone SEやiPhone 6sの画質でも十分に綺麗です。

これ以上何をカメラに求めるのでしょうか。

確かに綺麗に写真を撮りたいという人もいるかもしれませんが、遠距離を撮影する場合はどうしてもレンズが小さいので限界があります。

短距離の写真を撮る場合は特に問題はありませんが、高画質の写真を撮りたいのであれば、本格的なカメラ、つまりデジタルカメラや一眼レフカメラを使って写真を撮るべきだと思います。

iPhoneはデジタルカメラの画質と同等になった、などと言われますが、拡大して撮影すると差は明らかです。

デジタルカメラの方が遠くの写真を撮る場合は綺麗です。

iPhoneはカメラではない事を皆さん頭の片隅に記憶しておく事が重要です。

カメラではなく、使いやすさを重視するべきです。

iPhoneにカメラ機能を強化して価格を高くするのであれば、カメラの画質だけに特化したApple製のデジタルカメラを別に開発して販売した方がいいと思いますが、どうでしょうね。

AirDrop機能もあれば写真共有もやりやすいと思いますし、その方がユーザーにとってもメリットがあると思います。

携帯電話であるiPhoneにカメラの画質を求めても限界があります。

見せびらかし消費

2018年9月21日に放送された「ワールドビジネスサテライト」という経済情報番組をみたのですが、そこでもAppleの新型iPhoneについて取り上げられていました。

安田洋祐は新型iPhoneについて、家電量販店で見てきたと話していました。

経済学者であり、大阪大学大学院経済学研究科の安田洋祐准教授によると、Appleの戦略は、見せびらかしのための消費で、嗜好品となってきているということです。

その他

その他のiPhone Xシリーズの問題点は以下の記事をご覧ください。

リンク:全てのiPhoneシリーズでiPhone X化~完全移行と強行は間違っている~

全てのiPhoneシリーズでiPhone X化~完全移行と強行は間違っている~
スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)