Macで使用しているアプリケーションが64bitに対応しているかどうか確認する方法

Macで使用しているアプリケーションが64bitに対応しているかどうか確認する方法を紹介します。

macOS Mojaveが32bitアプリの動作をサポートする最後のバージョンである事がWWDC2018で発表されました。

それに伴って、自分が使っているアプリは64bitに対応しているのかどうか簡単に確認する事ができる方法があるので、今回は2通り紹介します。

システムレポート

「」>「このMacについて」>「システムレポート」の順に開いていってください。

サイドバーの「アプリケーション」をクリックすると、インストールされている使用したアプリケーションの全てが一覧で表示されます。

その中の「64ビット(intel)」の項目が「はい」となっていた場合は64bitに対応したアプリということになります。

また、「いいえ」の表示になっていた場合、macOS Mojaveが動作する最後のバージョンとなってしまうので、同等の機能が備わっている代わりのアプリケーションを早めに探しておいた方が良いでしょう。

アクティビティモニター.app

「Finder」>「アプリケーション」>「ユーティリティ」>「アクティビティモニター.app」と順に開いていってください。

「プロセス名」や「%CPU」、「CPU時間」といったタブの部分で右クリックして「種類」にチェックを入れると「32ビット」もしくは「64ビット」と表示されるようになります。

ここに表示されるのは、現在動作中のアプリケーション等なので、使用しているアプリの中に「32ビット」という表記があった場合、同等の機能が備わっている代わりのアプリケーションを早めに探しておいた方が良いでしょう。

余談

ちなみに、Mac版のCydia impactorは64bitに対応しておらず、32bitアプリケーションの様です。

32bitのサポートが切られるまでにSaurikからの64bit対応のアップデートが来てくれればいいですね。