saurikによるiPhoneを脱獄する理由についての説明動画

saurikによるiPhoneを脱獄する理由についての説明動画が公開されています。

動画

脱獄する理由について、アプリケーションの範囲外で自由に行動することができるという説明から動画は始まり、以下の脱獄アプリの紹介が始まりました。

Five Icon Dock

ドックで5つのアイコンを置くことができる

Barrel

アプリの画面間でスライドするときのアニメーションの変更

SBSettings

(Serious SBSettings HDのテーマ) – ドロップダウン設定

qTweeter 

ドロップダウンTwitterクライアント(Facebookでも動作します)

Voicemail Forwarder

ボイスメールを電子メールの添付ファイルとして送信する

Graviboard

ホーム画面に重力をもたらす

Lock Calendar

シンプルなロックスクリーンのカレンダー

CUPS HD

winterboardテーマ

Color Keyboard

iOS 4.3の黒いキーボード

動画のまとめ

この動画はかなり古いものですが、現在、SaurikちゃんはiOS 12対応のCydia Substrateの作業を行なっています。

また、Unc0ver側のiOS 12対応の作業は終了したと報告されており、Saurikちゃんのアップデート待ちのようです。

その事について詳細に報告されているので、Twitter上で報告されているツイートを紹介します。

unc0ver v3.0.0〜b42

A9(X)デバイスでのmachswapのexploitを可能にするために、unc0ver v3.0.0〜b42がリリースされました。

unc0ver v3.0.0~b43

unc0ver v3.0.0〜b43が一部のデバイスでサンドボックスエスケープエラーを修正するためにリリースされました。

unc0ver脱獄に対するA12-A12Xサポートは、まだバックグラウンドで行われています。 – しばらくお待ちください。

iPhone XSを手に入れたら、それはiOS 12.0上にあります:-)。

ちょうどiOS 12.0上の私のiPhone XSの自動更新をunc0verで無効にしました;)。

A12でルートファイルシステムをR / Wとして再マウント。:-)

また、ブートnonceをA12に設定しました。

私はまもなくiOS 12.0-12.1.2でA12-A12Xデバイスを部分的にサポートする新しいバージョンのunc0verをリリースする予定です。

私はまもなくiOS 12.0-12.1.2でA12-A12Xデバイスを部分的にサポートする新しいバージョンのunc0verをリリースする予定です。

unc0ver v3.0.0~b44

unc0ver v3.0.0〜b44は現在、A12-A12Xデバイスの部分的なサポートを受けています。

unc0ver v3.0.0~b45

A12-A12Xのベータファームウェアに対するvoucher_swapのexploitを修正するために、unc0ver v3.0.0〜b45がリリースされました。

それで、Appleは私がiOS 11でunc0verを使って取り消しを無効にするためにしていることを見て、そしてiOS 12 * サイン *でメソッドに半パッチを当てたように思えます。この方法はまだ機能しますが、それでも不安定性、およびリロードシステムデーモンによるループの再実行などの問題が発生します。

unc0ver v3.0.0~b46

unc0ver v3.0.0〜b46がiOS 12以降の主要な不安定問題を修正するためにリリースされました。

システム全体が(著しく)速く実行されているようです。

それで、今回はReload System Daemons問題を実際に修正したようです。それでも問題が解決しない場合は、MobileSubstrate拡張機能に障害があり、想定外のものにフィルタをかけて注入している可能性があります。

脱獄 は BigBoss に依存し、BigBoss は Jailbreaks に依存する。

エクスプロイトに関する問題を修正した後、@ iBSparkesによるmachswap2エクスプロイトでUnverが実行されることに成功しました。 🙂

このエクスプロイトは、iOS 11.0-12.1.2を実行しているすべてのA7-A12Xデバイスをサポートします。

@ Jakeashacksの専用AMFI / CoreTrust / amfidバイパスをunc0verに統合することに成功しました(これは実験目的のためにのみ行ったもので、必要がない限りリリースされません)。

A12-A12X上でトラストキャッシュインジェクションを使用して、未署名のコードを実行することに成功しました!

SSH / SCPを使用して手動でインストールすることで、@ tigisoftwareのFilza File ManagerをA12上で実行する。

TrustInjectorがA12-A12Xで完全に動作するようになりました。

@CorelliumHQのA12でunc0verが実行されている – ブートループを気にせずに危険なことをテストできるのはうれしいことです。次のステップはsubstrateサポートです:)ありがとう@cmwdotme

フルシェル環境には以下が付属しています。

  • @Morpheus______のbinpack64
  • dropbear付きSSH
  • TrustInjector、Snappy、およびNonceUtil
  • しっかりした安定性

私はすでに@ JakeashacksのAMFI / CoreTrustバイパスをunc0verのプライベートブランチに統合しました。 まだリリースされていないのは、必要ではないからです。

私が実験的なブランチをコンパイルして(それは一般に使われることを意図されていないため実験的なものです)コンパイルされたバイナリをpublic * sigh にリリースするとき私は嫌い*です。

unc0ver v3.0.0〜b47

unc0ver v3.0.0〜b47は、machswap2エクスプロイトおよびA12-A12Xデバイス用のSSH-Onlyサポートにより、現在リリースされています。

A12-A12X用のCydiaとSubstrateはまだ開発中です。 しばらくお待ちください。

前回のビルドで発生したいくつかの問題を修正するためにunc0ver v3.0.0〜b48をプッシュしただけです。

iOS 12.0-12.1.2は非常に長い間arm64eデバイス(A12-A12X)用の最後の脱獄可能なiOSバージョンかもしれません…

@ _bazadのPACバイパスが既にパッチされているというのが本当なら、将来これらのデバイスを脱獄するのは本当に難しいでしょう。 iOS 12.0-12.1.2を続けてください。

脱獄は死んでいないし、決してそうではありませんが、それはかなり難しくなっています。

machswap2で問題がある場合は、今のところvoucher_swapを使用してください。 A8X、A10、A12でテストしたところ、一部の人が報告している問題を再現できませんでした。 私はそれを調べ続けますが、それが私があなたに今のところすることをお勧めするものです。

unc0ver v3.0.0~b48

最新のunc0ver v3.0.0〜b48を使用した後、ランダムな再起動を始めましたか? もしそうなら、あなたの最新の “パニックフル”ログを送ってください。 私はすでに問題の疑いのある人を見つけたので、更新をプッシュする前にそれを確認しようとしています。

夜間に “ランダム再起動”が発生している場合、これはiOSがメモリをクリーンアップするためにユーザー空間を一晩再起動する傾向があるために発生します。

開発者:直ちにarm64e用にあなたの拡張機能の再コンパイルを開始するべきです。そうしないと、Cydia Substrateが更新されたときにそれらがarm64eデバイス上で正しく機能しない可能性があります。

unc0verはまもなくiOS 12用のメジャー安定性アップデートを受け、メモリ不足の状態でシステムがハングしクラッシュする原因となる問題を含むさまざまな問題に対する修正がなされています。

iOS 12.0のiPhone XSがブートループ

ファック。私のiOS 12.0のiPhone XSがブートループしました。

それは2時間であり、私はデバイスを回復するために多くのことを試みました、そしてそれは本当にめちゃくちゃになっているように思えます。iOS12.1.4への復元…

あなたがこれを手助けしたいなら:まだ署名されているiOS 12.0 – 12.1.2のためのベータファームウェアを見つけてみてください。

iOS 12.2を使用している場合は、できるだけ早くiOS 12.1.3〜b4または12.1.4にダウングレードする必要があります。そうしないと、署名ウィンドウが原因で後でダウングレードできなくなる可能性があります。

A12テスト装置を紛失しましたが、A12の脱獄に興味を失ったことはありません。

エイプリルフール

最新ニュース:SaurikITがアップルを買収 – iOS 13には正式なCydiaとSubstrateのサポートが含まれるかもしれません!

CydiaはMicrosoftに買収されました。 私たちは運命にあります…

あなたが私の最新のつぶやきに怯えていたら、ただ日付をチェックしてください。

(そして、いいえ、私のiPhone XSはブートループしました。それは冗談ではありません:/)

A12-A12Xサポートに残されているもの

完全なA12-A12Xサポートに残されているもの:

  • Cydia Substrateはarm64eデバイス上の微調整インジェクション用に更新する必要があります
  • Unrestrict libraryはarm64eデバイス上のサンドボックスパッチ用に更新する必要があります

彼らの素晴らしいプラットフォームにアクセスできるようにしてくれた@CorelliumHQへの叫び。 これは、拡張デバッグ機能を備えたファームウェアを実行しているデバイスで、unc0verをテストできるようになることを意味します。

iOS 12.1.2上の仮想化されたiPhone XSで、正常に動作しなくなった – @CorelliumHQのおかげで:-)。

UnrestrictライブラリのOSObjectパッチがiOS 12.1.2上の仮想化されたiPhone XS上で動作することに成功しました。

arm64eデバイス用のUnrestrictライブラリを更新し、そのほとんどをiOS 12.1.2上の仮想化されたiPhone XSでテストしました。 Substrateが更新され次第、私はそれを完全にテストすることができるでしょう。

A12-A12Xを完全にサポートするために残されているものを更新します。

  • Cydia Substrateはarm64eデバイスでの微調整注入用に更新する必要があります。

開発者に寄付

PayPalを使ってunc0verの開発をサポートすることができます。

https://www.patreon.com/saurikで、@ saurikのすばらしいCydia Substrateに関する作業をサポートできます。