iOS 5やiOS 6のApp StoreからApple製アプリケーションのダウンロードが出来なくなった

iOS 5やiOS 6のApp StoreからApple製アプリケーションのダウンロードが出来なくなった件について説明します。

Apple製アプリケーション

App Storeで、Pages、Numbers、Kyenote、iMovieなどのアプリケーションがAppleより配信されていますが、iOS 5やiOS 6の環境で互換性のある旧バージョンのダウンロードが出来なくなりました。

これらのApple製アプリケーションはiOS 5時代に登場し、以前までは互換性のある旧バージョンをiOS 5やiOS 6のデバイスでも普通にApp Storeからダウンロードする事が出来ましたが、現在は出来なくなっている状態です。

アプリがダウンロード出来ない共通点

現時点で確認している旧バージョンがダウンロード出来ないApple製アプリケーションは以下の通りです。

  • Pages
  • Numbers
  • Kyenote
  • iMovie
  • GarageBand
  • WWDC

これらのアプリケーションで共通して言えることは、現時点でそれぞれのApple製アプリの最新バージョンで対応しているiOSバージョンがiOS 11以降であるということです。

iOS 11といえば32bitデバイスがサポートされていない初めてのバージョンで、iOS 6は64bitデバイスが1つも存在しないバージョンです。

この2つの条件が重なって、64bitデバイスがサポートされていないiOS 6の環境で互換性のある旧バージョンのダウンロードが完全に出来なくなってしまった可能性があります。

アプリがダウンロード出来る共通点

また、「友達を探す」、「iPhoneを探す」、「iBooks」などといったアプリは現在でもiOS 5やiOS 6の環境でも互換性のある旧バージョンをApp Storeからダウンロードする事は可能です。

これらのアプリの共通点は、アプリの最新バージョンがiOS 7〜iOS 10以降に対応といった32bitデバイスでも使用できるバージョンになっています。

また、iOS 7以降であれば、iOS 5やiOS 6のApp Storeではダウンロード出来ないApple製アプリケーションでも互換性のある旧バージョンがダウンロードできるようになっていた為、32bitと64bitの両方の端末が存在しているiOSバージョンだからだと考えられます。

結論

このことから、32bitと64bitの両方が共存していたiOSバージョンでしか互換性のある旧バージョンがダウンロード出来ない事がわかります。

なお、それ以外でダウンロードが出来ないApple Storeアプリは昔からアップデートしないと使えないアプリなので、今回の問題には含まれません。

これからの対策

アプリのサポートバージョンがiOS 11以降になってしまった場合、今回のように今までは互換性のある旧バージョンがダウンロード出来ていたアプリでもダウンロードが出来なくなってしまう可能性が非常に高くなってしまう事が今回分かりました。

なので、どうしてもiOS 6などの旧iOSバージョンで使いたいアプリがある。

またはiOS 6などのデバイスを使っていて、今後も使い続けたい互換性のある旧バージョンをデバイスにダウンロードしてインストールしているアプリがある場合は、IPAファイルを保存しておくことを強くお勧めします。

iOS 7辺りまではiFunboxなどでアプリのIPAを簡単に作成できて、パソコン内に保存する事が可能です。

また、アプリの最新バージョンでも旧iOSバージョンに対応している場合はApp Storeが搭載しているiTunesでIPAファイルの保存ができるようになっているので、こちらの方を使ってこまめに保存することをお勧めします。

App Storeが搭載され、iOS11に対応したiTunes 12.6.3.6をダウンロードする方法

互換性のある旧バージョンがダウンロード出来なくなってしまった後では遅いですからね。

無理やり旧バージョンApple製アプリをダウンロード

今回ダウンロード出来なくなった旧バージョンのApple製アプリケーションをダウンロードする方法はあります。

iOS 8からiOS 10の端末限定で、脱獄をしている事が条件ですが、App Adminという脱獄アプリを使って旧バージョンをダウンロードする事ができることを確認しています。

App Storeでアプリのダウングレードを可能にさせる脱獄アプリ

App Storeのサーバー上からアプリのダウンロードは現時点では出来ているので、iOS 5やiOS 6の環境でダウンロードができない原因としてはApp Store側の配信設定の問題だとは思います。

今後そのような問題が解決しなければ永遠にiOS 5やiOS 6の環境から直接ダウンロードすることは出来ないと考えてもいいでしょう。

最後に

ここ最近、iOS 6.1.3のiPad 2のApp Storeで確認した現象ですが、右上の検索機能を使おうとすると「iTines Storeに接続できません」というエラーが表示されて完全に使えなくなっています。

iPhone版では現時点では問題なく使用できていますが、時間が経つにつれて他のWeb系のサービスと同様に使えなくなってしまう可能性が非常に高まっているみたいですね。

App Storeが登場して約11年ぐらいが経ちますが、やはり旧iOSバージョンでアプリがApp Storeからダウンロード出来なくなってしまうのは非常に困る事のはずなので、可能な限り旧iOSバージョンでもサービスを継続して欲しいと思います。

また、フラットデザインに反対し、iOS6までのデザインを全面的に支持し、iOSの旧バージョンのSHSH及びソフトウェアの再発行を求めます。