スポンサー1

iOSデバイスやiTunes、iCloudまで、全てのコンテンツやデータを自在に管理・転送することができるAnyTrans

シェアする

スポンサー2

iOSデバイスやiTunes、iCloudまで、全てのコンテンツやデータを自在に管理・転送することができるAnyTransというツールを紹介します。

AnyTransのダウンロード

公式サイトは以下のリンクからアクセスしてください。

https://www.imobie.jp/anytrans/

AnyTransの起動

Windows、Macのパソコンにダウンロードとインストールが終了したらAnyTransアプリを起動しましょう。

アプリを起動してウインドウの上の真ん中にある「デバイス管理」と書かれたボタンを押すと、操作可能な項目の一覧のリストが表示されます。

それぞれ主な機能の説明を簡単にしていきます。

デバイス管理

iTunesの場合、データーを個別にバックアップしたりすることはできませんが、このツールを使えば可能になります。

例えば、iPhoneに保存してある動画や音楽をコンピュータやiTunesライブラリにエクスポートしたり、複数のiPhoneに同じデーターを複製したり、ホーム画面のアイコンの整理もマウス操作でクリックするだけで簡単にできます。

また、Safariの履歴や連絡先、メモやカレンダーなどのデーターを出力する場合のファイル形式の設定も可能で、「html」、「csv」、「text」、「pdf」、「vcf」に対応しています。

この機能を使用する場合は出力先とバックアップ先を分かりやすい場所にするといいでしょう。

エアバックアップ管理

エアバックアップとは、お使いのiOSデバイスをWi-Fi経由で簡単に自動的にバックアップできる機能です。

✴︎この機能を使用する場合はお使いのiOSデバイスとコンピューターを同じWi-Fiに接続する必要があります。

個人的に、「自動バックアップ」をオンにして、「エアバックアップスケジュール」を毎日にする設定をお勧めします。

動画・音声のダウンロード

この機能は、名前の通り、YouTubeなどの動画、音楽配信サイトから簡単に動画や音声をダウンロードする事が出来る機能です。

サポートする動画形式
MP4, M4V, MOV, WMV, RMVB, MKV, AVI, FLV, RM

サポートする音声形式
MP3, M4A, MP4B, WMA, WAV

まず、「保存先を選択」し、動画や音楽が配信されているURLを入力してから「ダウンロード」ボタンを押します。

ダウンロード終了後はiOSデバイスに転送することもできます。

iCloud管理

通常であれば、iCloudに保存されたコンテンツはiOSデバイスに同期したり、パソコンのWEBブラウザ上で表示、操作することはできますが、それを個別にバックアップしたり、コンテンツを転送することはできません。

しかし、AnyTransを使えば、iCloud Drive上に保存されたコンテンツはもちろん、連絡先や画像、カレンダー、iCloudバックアップの管理も簡単に行えます。

iOSへお引越し

お使いのAndroidデバイスから簡単にデーターをiCloudやiPhone、iTunesに転送する事が出来る機能です。

AndroidデバイスからiPhoneに転送できるコンテンツは、音楽や動画、着信音はもちろん、写真やカレンダー、メッセージなどがあります。

iTunesライブラリ

iTunesライブラリに転送済みの音楽やビデオなどのコンテンツを、iTunesを起動せずにAnyTrans内でそのままアクセスする事が出来ます。

また、デバイスにiTunesのコンテンツを転送する機能以外に、データをパソコンにも転送できます。

バックアップ管理

AnyTransを使用すると、iTunesのバックアップとAnyTransのバックアップの両方を簡単に管理することができます。

例えば、バックアップを表示することはもちろん、不要なバックアップを削除したり、バックアップをパソコンに転送したり、新しいバックアップを作成したり出来ます。

コンピュータにバックアップされたものにアクセスする為、iOSデバイスをUSBケーブルで接続する必要はありませんが、バックアップをする場合は必要に応じて接続してください。

着信音管理

コンピュータ、iOSデバイス、iTunesライブラリなどの音楽形式ファイルを選択して着信音を作成する事ができます。

対応するオーディオ種類
mp3, m4a, m4r, wma, wma, wav, rm, mdi, ogg, flac, mp2

音楽ファイルを選択後、着信音として使いたい部分を設定します。

作成した着信音は着信音ライブラリに保存したり、デバイスにそのまま転送する事が出来ます。

Appダウンロード

個人的にも嬉しい機能でもあるこの機能は、昔のiTunesにあったアプリのダウンロード機能です。

突然iTunesに消されたアプリの管理機能ですが、iOSデバイスで管理するのではなく、パソコンで管理する方が効率的な時もありますよね。

AnyTransのこの機能を使用することによってApp Storeからアプリを検索してダウンロードする事ができ、ライブラリからアプリをiPhoneに直接インストールすることもできます。

さらに、アプリを直接削除することも簡単です。

AnyTransのガイドと仕様

今回はAnyTransの主な機能を簡単にご紹介しましたが、本当に紹介しきれない程たくさんの機能があります。

以下のリンクからガイドを是非ご覧ください。

AnyTransの使用方法

AnyTransの技術仕様

購入に関して

Anytransを今すぐ購入

現在は以下のライセンスを購入できます。

ライセンス名 価格(税抜き) 利用可能なPCの台数
シングルライセンス 3980円 1台のPC
マルチライセンス 5980円 5台のPC
ビジネスライセンス 10980円から 10台のPCから

AnyTransを購入日から60日以内なら、iMobieの返金ポリシーに基づいた全額返金の安全保証付きです。

まとめ

AnyTransは、iTunesを超える優秀なデータ管理ソフトであり、大切なコンテンツを個別にバックアップできるのはもちろん、個別にコンテンツの転送や着信音の作成、さらに、昔のiTunesでは可能だったアプリのダウンロードもできるというiOSを使用している全てのユーザーにお勧めできるツールだと思います。

無料で使用可能なので、是非使ってみてください。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)