Jay Freeman (saurik)よりiOS 11に対応したCydia Substrate 0.9.7000が公開

Jay Freeman (saurik)よりiOS 11に対応したCydia Substrate 0.9.7000が公開されました。

Jay Freeman (saurik)ちゃん

Substrate 0.9.7000は私の最もよくテストされたアップデートで、 iOS 3.0,4.3.1,5.1.1,6.1.3,7.1.2,8.0,9.0.2,10.1.1(mach_portal)、11.1.2(Extender)、11.3.1(unc0ver)で動作することが確認されています。

私はそれがとにかく失敗すると思う:(。あなたがそれを試してみたい場合は、http://apt.saurik.com/beta/substrate11/をCydiaに追加してください。

注意事項

このビルドに問題がある場合は、起動中に音量を上げたり(縛られていない脱獄を使用している場合)、脱獄ツール(テザー付き脱獄を使用している場合)を実行して無効にしてから、以前の稼働バージョンのSubstrateにダウングレードしてください。

Cydia Substrate 0.9.7000

Cydia Substrate 0.9.7000(ベータリポジトリ経由でのみ利用可能)は、本質的に4回以上書き直されています。 もともと、Extenderの一部としてリリースされたiOS 11の脱獄で使用するように設計されていましたが、代わりにpwn20wndとsbingnerがunc0verを完全にサポートしています。

このSubstrateのバージョンには、iOS 9以降、キーの疲れの少ないSubstrateがあるvnodeの枯渇の問題を解決する、集中型の「フックキャッシュ」があります。

この新しいバージョンは、システム全体のすべてのプロセスを絶対にフックできます(これはいつもの目標でしたが、一部のユーザーは同意しないかもしれません)。

以前のリリースのSubstrateは、古いバージョンのiOS上で「動作するはずの」ものでしたが、実際、このバージョンのSubstrateは、すべてのiOSバージョン3.0,4.3.1,5.1.1,6.1.3、7.1.2,8.0,9.0.2,10.1.1(mach_portal)、11.1.2(Extender)、および11.3.1(unc0ver)などの脱獄済みデバイス上でテストされています。

Saurikちゃんによる個人的なコメント

(私は正直なところ、誰かがこれをインストールするのを迷惑にして、このリリースの目的が何であるかについて少し混乱しているのかどうかはわからないが、多くの人がそれを期待しているようだし、 ..それで何が起こるか見てみましょうか?)

@Pwn20wnd

新しいSubstrateのアップデートには、明らかな安定性とパフォーマンスの向上があり、また、unc0ver脱獄のためのサポートもあります。

Substrateは完全に再設計され、現在はさらに強力です!

http://cydia.saurik.com/info/mobilesubstrate/でこの新しいCydia Substrateアップデートの変更履歴を見ることができます。

unc0verでCydia Substrateに切り替えると、フリーズ、ランダムな再起動、または起動時にハングアップするアプリケーションを修正する必要があり、バッテリ寿命を大幅に改善するはずです。 私たちは2ヶ月ほどこれをテストしています。

unc0ver v2.0.0以上がiOS 11のCydia Substrateの要件です。

長い長い眠りから目覚めたSaurikちゃん

iOS 11の脱獄以降、Saurikの活動はまるで停止したかの様な状態になっていました。

Cydia関連のアップデートもSaurik自身からされる事も無く、全てElectraチームが脱獄ツールの開発からiOS 11でもCydia等が脱獄環境で動作する様に作業していた訳ですが、ようやくSaurik公認の脱獄ツール「unc0ver」の開発によりSaurikの活動が再び活発になった様です。

しかし、Electra環境で現時点ではSaurik作のCydia Substrateは使用することはできませんが、「unc0ver」の開発は活発で不具合の修正や安定性の向上のアップデートが頻繁に行われていて、個人的にもある時期が訪れたらElectra環境からunc0ver環境に切り替えたいと思っている為、非常に楽しみにしています。