スポンサー1

2018年最後の日もCydia Substrateのアップデートを繰り返す仕事熱心なSaurikちゃん

シェアする

スポンサー2

2018年最後の日もCydia Substrateのアップデートを繰り返す仕事熱心なSaurikちゃんが本日は3回もアップデートをリリースしました。

報告

Cydia Substrateが0.9.7012にアップデートされました!

(最新のCydia Substrateアップデートは、より古いデバイスに関する問題を解決するはずです。)

Cydia Substrateが0.9.7013にアップデートされました。

(最新のCydia Substrateアップデートは、PayPalなどのいくつかのアプリケーションを修正します。)

Cydia Substrateが0.9.7020に更新されました。

(最新のCydia Substrateアップデートは開発者向けのMSHookMemoryを追加します。)

おそらくCydia Substrateをアップグレードした後に再起動するべきです。

リポジトリ

Cydia Substrateのベータ版は以下のリポジトリをCydiaに追加することによって利用可能になります。

http://apt.saurik.com/beta/substrate11/

更新内容

Cydia Substrate 0.9.7011および0.9.7012は、amfidの再起動中にSubstrateが押し込まれないようにします。

0.9.7012では、古いチップセットで実行したときに発生していた問題も修正されています。

0.9.7013では、一部のアプリケーション(PayPalなど)がSubstrateにフックされたときにクラッシュする問題が修正されています。

(そして0.9.7020はMSHookMemoryを追加します。)

最後に一言

unc0verの開発チームは、今思うとかなり賢いですよね。

Saurikを説得して、Cydia SubstrateをiOS11に対応させるというのは正しい選択だったと思います。

その理由として、やはり代替え(Substitute)よりもSaurikが開発した基盤(Substrate)の方が、今までの流れからするとかなり安定してて良いですし、不具合等の修正も早い段階で取り組んでくれることが多いので、何かあっても直ぐに対応してくれるという安心感があります。

そしてなによりも、Saurikは、Cydiaという完璧中の完璧と言って良いほど、素晴らしいインストーラーを開発した優秀な人物です。

そんな方が開発した基盤を使用できることの有難さをiOS11の脱獄後に代替えを使っていた身としましては、改めて実感する事が出来ると思います。

また、Saurikの代表とも言える脱獄のインストーラー、Cydiaに足りないものと言えば、iOS11に最適化されてないところぐらいで、後は足りない機能を追加するぐらいで良いぐらい使い勝手も悪くありません。

みんな大好きなSaurikちゃんが昔の様なやる気を取り戻し、CydiaとSaurikが末永く脱獄環境を支えるインストーラーと開発者として活躍することを願っております。

それでは、良いクリスマスを🐼

ハッピーハロウィン🎃!

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)