アプリのIPAファイルを使って任意のアプリを自分のApple IDでインストールする事ができるツール

アプリのIPAファイルを使って任意のアプリを自分のApple IDでインストールする事ができるツールを紹介します。

Cydia Impactorです。

ダウンロード

以下のサイトからツールをダウンロード出来ます。

Cydia Impactor

現時点では、Mac、Windows、Linuxの全ての環境に対応しています。

また、作者はCydiaでお馴染みのSaurikちゃんです。

制限事項

  1. Apple ID はデバイスの限られた数の証明書にのみ適用できます。

  2. お使いのApple IDが開発者アカウントではない場合、証明書の有効期限は7日間で、証明書取得期限切れの場合は、再度IPA をインストールするガイドに従う必要があります。

アプリのインストール方法

  1. Cydia impactorファイルを解凍し、それを実行します。

  2. iOS デバイスをコンピューターに接続し、iOS デバイスにコンピューターを信頼します。

  3. Cydia impactorにインストールしたいIPAファイルをドラッグします。

4. 続行する場合は [ok] ボタンをクリックします。

5. Apple IDのメールアドレスを入力します。

6. Apple ID のパスワードを入力します。

7. Cydia Impactorは自動的にすべてのあなたの入力に基づいて準備し、IPA ファイルに署名しますが、エラーが通知された場合は、間違ったApple ID またはパスワードを入力しています。

8.IPAをインストール後、iOSデバイス上で、「設定」 > 「一般」 > 「デバイス管理」に進み、証明書を信頼します。

証明書をリセットする方法

開発者アカウントではないApple IDでインストールする事ができるアプリの数は制限されており、それを超えてしまうとエラーが発生してしまってiOSデバイスにインストールすることは出来ません。

その為、エラーが発生してインストールできない場合はまず、この方法を試してください。

ちなみに、「provision.cpp:81」というエラーが発生した場合はこの方法で解決する事が多いです。

メニューバーの「Xcode」<「Revoke Certificates」の順にクリックします。

Apple IDのメールアドレスを入力します。

Apple ID のパスワードを入力します。

すると、今までの証明書を全て取り消す事が出来ます。