Sileo標準リポジトリである「Chariz」での有料パッケージ配信の準備が完了

Sileo標準リポジトリである「Chariz」での有料パッケージ配信の準備が完了したようです。

リポジトリ

Rebirth.

有料パッケージ

@CharizTeamの有料パッケージがSileoで完全にサポートされたことをお知らせいたします。

Charizレポからの有料パッケージは、間もなく注目のステータスになります。

Charizレポに有料パッケージがある場合は、ここで特集ステータスを申請することができます。

開発者:あなたのパッケージをSileoでフィーチャーしたい場合は、ここから申し込みを始めてください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdox6OzDdHezVIOlbIEZ69WXlALIzAENiTzt8YybCVfN1593g/viewform

Cydia Storeからの移行

売り手の場合:Charizは、無料転送または有料アップグレードとして、Cydia Storeからの顧客の購入品の転送をサポートしています。

ここで詳細を学び、それを使用したい場合はお問い合わせください。:https://docs.chariz.io/chariz-pay/transfers/

Purchase Transfers

Charizは、PackixやCydia Storeなどの他の店舗から購入を転送する機能を提供します。

これにより、顧客の購入品をCharizに転送できます。

ClassicFolders 2 / Ventanaの再配信の期待

現在、Bigbossリポジトリから削除され、新規購入はもちろん、購入済みのユーザーもインストールできない状態が続いているClassicFolders 2とVentanaは、ライセンス移行に関する問題があり、その関係で配信停止されていました。

しかし、「Chariz」のCydia Storeからの顧客購入品の転送がサポートされた事により、再配信される日も遠くは無いはずです。

更新日時:私の有料の調整(ClassicFolders 2 / Ventana)

Dynasticレポに送信することになる可能性がありますが(私はもともとCharizに送信することを計画していましたが)、それらを送信する方法を考え出す必要があります。

前に述べたように、既存のCydiaストアのライセンスを移管することは不可能かもしれません(それが可能かどうかを確かめようとしていたので4ヶ月の遅れがあった理由です)、

したがって、ユーザーがそれらを再購入しなければならない可能性があるのはゼロ以外の値です。

ライセンスの譲渡は可能です。

明らかに文書化されていないCydia APIがいくつかあります。

FTR:文書化された唯一のCydia APIは、パッケージがUDIDを与えられて購入されたかどうかをチェックするためのものです。

これはライセンスを移転する目的には役に立ちません。

ライセンス転送に役立つAPIは存在しますが、ドキュメントはありません。

Charizアカウントを作成する方法

Charizアカウントは、Cydiaからはもちろん、Sileoからでも作成する事ができます。

ちなみに、以下のホームページからでもアカウントを作成する事はできます。

https://chariz.io

Googleアカウントにログインして、以下の情報を入力します。

入力内容

Name[名前]
名前は開発者とChariz管理者によって見られるでしょう。 本名である必要はありません。

Email Address[電子メールアドレス]
領収書および他の重要な情報を送ることができるように要求されます。

Username[ユーザー名]
開発者が自分の製品のコピーをあなたに渡すために使うことができます(プレゼントなど)。

Register for Chariz news?[Charizニュースに登録しますか?]
受信トレイに新製品のお知らせを受け取るかどうかを選択します。1週間にせいぜい1つのニュースレターを送り、スパムを送ることは決してないでしょう。 この設定はいつでも変更できます。

まとめ

Cydia Storeの閉鎖により、Bigbossでの新規購入が出来なくなってしまった現在、このようにSileoチームに認められて選出されたリポジトリであるからこそ、信用してアカウントを作成して有料アプリを購入する事が出来ると思います。

しかし、やはりリポジトリの度にアカウントを作成してログインして管理するのは非常にめんどくさいと思いますので、Cydia Storeの様に1つのアカウントで管理出来るようになってほしいと思います。

やはり、Cydiaは全体的に大きな存在であったと改めて実感しました。