スポンサー1

FaceTimeのグループ通話機能に、相手側が電話に応答する前に音声が聞こえてしまう重大な不具合が発見された

シェアする

スポンサー2

FaceTimeのグループ通話機能に、相手側が電話に応答する前に音声が聞こえてしまう重大な不具合が発見された件について説明します。

報告

PSA:iOS 12.1以降を実行している場合は、脱獄がリリースされるまでの間はFaceTimeを無効にしてください。これにより、誰かがあなたのiPhoneを使用して盗聴することを可能にする重大なバグを修正できます。

システム状況

現在、この重大な不具合が修正されたアップデートがAppleより提供するまで、FaceTimeのグループ通話機能を無効化している様です。

https://www.apple.com/jp/support/systemstatus/

アップデート時期

Appleの報告によると、今週中に出るアップデートで対応するとしています。

重大な不具合を再現する方法

現在はFaceTimeのグループ通話機能が完全に停止されているため、現在は使用する事は出来ませんが、公開されている動画を見てみると、以下の方法で行えます。

  1. 連絡先から通話相手を選択し、「FaceTime」を発信します。
  2. 相手のデバイスがFaceTimeの呼び出し画面になったら、画面下部のを上に向けてスワイプして、「参加者を追加」をタップします。
  3. 参加者を追加画面の「宛先」に、自分の電話番号を入力後、FaceTimeのビデオ通話グループに自分を追加します。

まとめ

Appleからの修正のアップデートがあるまで、この問題が気になる方はFaceTime機能をオフにする事が推奨されますが、最近のiOSには色々な不具合が多いですね。

個人的に、iOS 11は特に酷かったイメージがあり、iOS 12は不具合修正が最優先されているはずなので大丈夫だと思っていましたが、この様な重大な不具合が発見されました。

なお、iOS 7時代にはSSL接続の重大なバグが発見され話題になりましたが、それに次ぐ重大な不具合だと思います。

今後の報告に注目です。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)