スポンサー1

ElectraがiOS 11.4と11.4.1のセミ脱獄に対応(iOS 11.0 – 11.4.1完全対応)

シェアする

スポンサー2

ElectraがiOS 11.4と11.4.1のセミ脱獄に対応しました。

しかも、iOS 11.0 – 11.4.1完全対応です。

公開されたexploit

このようにリリースするつもりはありませんでしたが、私は今他のもので忙しいので、おそらくこのプロジェクトに戻るつもりはないでしょう。

tfp0はヘッドフォンジャックデバイスで11.4.1まで動作するはずです。

クリーンアップを終えませんでした、しかし多分それはまだ便利です。

https://github.com/tihmstar/treadm1ll

Electraの予告

ElectraはiOS 11.2 – 11.4.1でA9以下のすべてのデバイスに対してより信頼性の高いexploitを受けるでしょう。

あなたが今そこにいるのであれば(たとえA10 +であっても)iOS 11を使い続ける

詳細は間もなく

デバイスを起動した直後のエクスプロイトの成功率は約90%です(6Sでテスト済み)。

iOS 12に関しての注意喚起

現時点ではiOS 12にアップデートすることはお勧めしません。

12でエクスプロイトされた後、解決する必要がある問題がいくつかあります(CoreTrustを含むがこれに限定されない)。

Electra 1.2.0の公開

Electra 1.2.0は、iOS 11.0 – 11.4.1上のすべてのデバイスで利用可能です。

開発者アカウントは必要ありません。

https://coolstar.org/electra/

  1. 11.0-11.1.2はasync_wakeを使用します
  2. A9 + 11.2-11.4.1はvoucher_swapを使用します
  3. A7-A8 11.2-11.4.1はthreadm1llを使用
    4.夜間の再起動を修正

インストールする前にOTAを削除してください。

voucher_swapは両方に比べてはるかに信頼性が高いため、Electra 1.2.0はmulti_pathまたはvfsフレーバーでは使用できません。

はい、A10とA11はElectra 1.2.0でサポートされています(したがってA9 +)。

🙂

公開後のトラブル

11.4-11.4.1の正しいビルド番号を入力するのを忘れたことに気付きました

私は6時間以内に更新をプッシュしますが、それまではせっかちな人のために。

16進エディタを使用して「15A372-15E302」を見つけ、electra1141バイナリで「15A372-15G770」に置き換えます。

11.4.xでアプリがクラッシュするのを修正する

使用方法

過去の記事をご覧ください。

iOS11.2からiOS11.3.1に対応した脱獄実行用アプリがリリース

追加情報

Electra 1.2.1はiOS 11.0-11.4.1上のすべてのデバイスで利用可能です。

https://coolstar.org/electra/

これはElectraアプリのビルド番号を修正し、11.4 – 11.4.1で正しく動作するようにします。

Electra 1.2.2はiOS 11.0-11.4.1上のすべてのデバイスで利用可能です。

https://coolstar.org/electra/

async_wakeは修正されたので、11.0-11.1.2のデバイスは正しく脱獄するはずです

nonce generatorボタンがアプリで正しく機能するようになりました

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)