2013年以降、Appleが行ってきたことのいくつかは天国に旅立ったスティーブ・ジョブズが反対している可能性がある

2013年以降、Appleが行ってきたことのいくつかは天国に旅立ったスティーブ・ジョブズが反対している可能性があります。

リンク

Some Things Apple Has Done Since Steve Jobs Died That He Might Have Disagreed With

ティムクック

2013年初めにスティーブ・ジョブズについて語ったティムクックは、「彼は非常に早く何かをめくるだろうし、彼が前日に180度の反対のポジションを取っていたのを忘れてしまうだろう」と述べました。

スティーブ・ジョブズの大きな強みの1つは、考えを変えることができるということでした。

あるアイデアにとらわれないことで、彼はアイデアからアイデアへとピボットすることができ、Appleに役立つものを見つけることができました。

しかし、スティーブ・ジョブズがフリップフロップする能力にもかかわらず、天国に旅立ってからAppleに起こったことは、スティーブ・ジョブズがわくわくするとは思わないということがあります。

スキュモーフィズムデザイン

スティーブ・ジョブズは、「実物のように見えるイラスト」を作成することを大好きでした。

その中で、iOSのGame Centerにある「Vegasゲームテーブル」を特に気に入っていました。

しかし、Appleはそのすべてを消し去り、現実世界を模倣している全てのグラフィックスとアニメーションを排除し、iOS 7からはかなりフラットな外観になっています。

スティーブ・ジョブズが大好きだったGame CenterのデザインもiOS 7からは水玉デザインになってしまいました。

丸みを帯びた長方形

スティーブ・ジョブズは丸みを帯びた長方形を凄く気に入っていました。

しかし、Appleは丸みを帯びた長方形を廃止し、丸アイコン中心になりつつあります。

iOS7リリース以降、増えつつある丸アイコンの問題点

スティーブ・ジョブズの丸みを帯びた長方形についての詳細は以下の記事をご覧ください。

スティーブ・ジョブズは角に丸みのある四角形を好んでいた

iPad mini

スティーブ・ジョブズは、「我々は7インチのタブレットを製造しないでしょう、良い製品だとは思わない、決して製造しません。」と語っていました。

詳細は以下の記事をご覧ください。

スティーブ・ジョブズは7インチのタブレットを製造しないと語っていた

Apple Map

Appleが未完成なApple Mapsをリリースしたとき、スティーブ・ジョブズは激怒していたでしょう。

以前、iPadに計算機アプリがない理由について記事を投稿しましたが、完璧なものしか許さなかったスティーブ・ジョブズは、決してApple Mapを未完成のままリリースすることはなかったと個人的には思います。

iPadに電卓アプリが搭載されていない理由

ティムクックはマップのマネージャを解雇し、最終的にはマップの責任を負ったすコットフォーストールを切り捨てました。

Appleの広告

スティーブ・ジョブズは広告に非常に耳を傾けていて、Appleのための古典的で素晴らしい広告をたくさん作りました。

スティーブ・ジョブズが天国に旅立って以来、アップルのマーケティングはさまざまな広告スタイルを試してみましたが、それほど素晴らしいものではないため、本当にうまくいっていません。

個人的に、iPhone 6のCMは特に酷かったと思います。

Appleに対する一般の認識

普通の人々はまだAppleを大好きに思っていると思いますが、世界で最高のブランドとして見られていません。

その一部は、ティムクックがAppleに関するメッセージを管理することに才能がないということです。

メディアを理解しメッセージをコントロールすることにスティーブ・ジョブズほど才能のある人は誰もいません。

まとめ

スティーブ・ジョブズ先生が天国に旅立ってから、Appleはかなり変わってしまいましたよね。

スティーブ・ジョブズは生前、この様な手紙を公開しました。

2011年8月25日

私はこれまで常々、私がAppleのCEOとして職務と期待に応えられなくなるような日が来たときは、私からまず皆様にお伝えすると申してきました。残念ながら、その日が来ました。

私はAppleのCEOを辞任いたします。もし取締役会が認めてくださるならば、取締役会会長、取締役そしてAppleの従業員として今後も務めさせていただきたいと思います。

私の後任には、継承計画を実行し、ティム・クックをAppleのCEOに任命するよう、強く薦めたいと考えています。

Appleの最も輝く、最も革新的な日々はこれからだと信じています。その成功を新しい役で見守り、また貢献したいと思っております。

私はAppleで、生涯で最高の友人と言える人たちと出会いました。長年にわたり、皆様と一緒に仕事をさせていただいことに感謝いたします。

スティーブ・ジョブズからの手紙

スティーブ・ジョブズは、56年の人生を2011年10月5日に終えた訳ですけど、個人的にはもっと長生きして欲しかったです。

天国に旅立つのは早すぎです。

生き返って欲しいぐらいです。

スティーブ・ジョブズは、たくさんの素晴らしい製品をこの世に送り出しました。

天国でもまた素晴らしい製品を考えているのでしょうか。

今のAppleについてどう思っているのでしょうか。

やはり、改めて思うことはスティーブ・ジョブズがいてこそのAppleだと思いました。

スティーブ・ジョブズが生涯をかけて開発に携わった製品は、これからも大切に使い続けていきたいです。

そして、後世にスティーブ・ジョブズの功績を伝えていくことが重要だと思います。