スポンサー1

Javascriptを有効にしたり、Bigbossの広告を表示させ、Sileoをより適切にする脱獄アプリ

シェアする

スポンサー2

Javascriptを有効にしたり、Bigbossの広告を表示させ、Sileoをより適切にする脱獄アプリを紹介します。

Sileoの問題点

アップデート:BigBossでSileoが無効にした広告で、帯域幅が再び盗まれているようだ。

レガシWebビューの描写に関する注意:これらの描写のサポートは2019年12月下旬に削除されます。これらの古い描写フォーマットのサポートを徐々に段階的に廃止するため、さらなる変更が予想されます。

Bigbossを守ろう

Bigbossは、Cydia標準リポジトリで有名な大手のリポジトリです。

Sileoは、そのBigbossリポジトリの広告を無効化しています。

Bigbossの広告収入が減ったり、完全になくなってしまうと、今後、サーバー維持に必要な資金がなくなってしまい、リポジトリの運営ができなくなってしまいます。

個人的には、Unc0verで脱獄し、iOS 11以降に最適化されたCydiaを使用する事を強く推奨します。

ただ、A12デバイスなど、現在Unc0verで脱獄できないデバイスの場合はChimeraを使用してもしょうがないとは思いますが、Bigbossリポジトリを守る為にもCydiaが今後も脱獄インストーラとして活躍して欲しいと思っています。

Cydiaは死んではいません。

Cydiaは完全オープンソースで、Elucubratusレポジトリのsbingnerによってまだ維持されていて、しばらく前に大幅な速度の改善で更新されました。

オリジナルのソースコード:https://git.saurik.com/cydia.git
更新されたソースコード:https://git.bingner.com/cydia.git

DrunkSileo for Sileo

リリース:DrunkSileo for Sileo 1.0.6。 Sileoをより適切にする!Sileo 1.0.6のすべてのSileoユーザーに推奨されます。 (そのバージョンだけが動作します!)

Repo:http://jakeashacks.ga/cydia
説明:Javascriptを有効にし、描写のバグを修正し、sha1とmd5のリポジトリ&その他を有効にします。

最初の2つの機能により、BigBoss広告はブロックされません。

Sileoのアップデートに注意(1)

これを更新するまでSileo 1.0.6-2に更新しないでください。 このアップデートは意図的に壊したものです。

バックアップします。 このバージョンにはパッチファインダーがあり、Sileoのすべてのバージョン(1.0.6-2でのみテスト済み)で動作するはずです。これを更新する前にsileo および aptを更新してください。

Sileoのアップデートに注意(2)

「DrunkSileo for Sileo」のリリース直後に行われた「Sileo 1.0.6-2」アップデートによって調整が無効化されてしまいました。

今後も起こる可能性があるので、全てのSileo利用者はアップデートに注意してください。

まとめ

SileoはJavascriptを無効化されている為、Bigbossだけではなく、他の一般的な開発者のWebビューでも広告を表示する事ができない仕様になっています。

しかも、従来のWebビューのサポートを終了しようとしており、広告を表示させる方法は、アプリ内ブラウザを表示させる方法しかありません。

広告は、パッケージの説明ページで表示させなければ意味がないと思います。

アプリをインストールする場合は、パッケージの説明ページは開くと思いますが、説明内に組み込まれたリンクを押す人は少ないはずです。

この様な問題点が解決しなければ、Bigbossの様な大手リポジトリだけではなく、一般開発者の貴重な収入源がなくなってしまうと危惧しています。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)