スポンサー1

米国でiPhone SEは顧客満足度調査でトップ

シェアする

スポンサー2

米国でiPhone SEは顧客満足度調査でトップということで説明します。

ACSI

米国で、2017年4月までの12か月間に行われた36,194件の顧客インタビューからデータを収集しました。

その後、これらの顧客からのデータをACSI(American Customer Satisfaction Index)の「因果関係計量経済学」モデルにかけて100点満点で総合得点の結果を出しました。

ランキング結果

  1. iPhone SE – 87 out of 100
  2. Galaxy S6 Edge+ – 86 out of 100
  3. iPhone 7 Plus – 86 out of 100
  4. Galaxy S6 Edge – 85 out of 100
  5. Galaxy S7 – 84 out of 100
  6. Galaxy S7 Edge – 84 out of 100
  7. iPhone 6 Plus – 83 out of 100
  8. iPhone 6s Plus – 83 out of 100
  9. iPhone 7 – 83 out of 100
  10. Galaxy Note 5 – 82 out of 100
  11. Galaxy Note 4 – 81 out of 100
  12. Galaxy S5 – 80 out of 100
  13. iPhone 5 – 80 out of 100
  14. iPhone 5s – 80 out of 100
  15. iPhone 6s – 80 out of 100
  16. Galaxy S6 – 79 out of 100
  17. iPhone 6 – 79 out of 100

ランキングでわかること

現在のスマートフォンは、毎年の様に高価格で高性能、高機能スマートフォンを発表しています。

しかし、その様なハイエンドモデルではなく、低価格で小型な「エントリーモデル」であるiPhone SEが、第1位という素晴らしい評価を出したということは、スマートフォンの評価は、高性能、高機能だけでは見ることはできないということがよくわかります。

スティーブ・ジョブズが残した名言

iPhoneの画面を大きくすることは簡単にできるが、それに合わせて人の手は大きくならない。大きな画面ならiPadやテレビで楽しめばいい。iPhoneはあくまで電話だから、大画面にする必要はない。

iPhone SEは、スティーブ・ジョブズの遺作と言われているiPhone 5の後継機で、片手操作ができるコンパクトサイズな4インチのスマートフォンです。

スティーブ・ジョブズApple CEOが最後の最後までこだわった片手操作ができる電話機で、小さいから良い、というiPhoneの良さというのが残っている素晴らしいデバイスです。

なので、スマートフォンがユーザーのニーズをどの程度満たすことができるか、というのが、今回わかった顧客満足度に繋がっていると思います。

iPhone 6sとiPhone SEの違い

iPhone 6sと比べたら、3D Touchがない、Touch IDが第1世代であるという違いはあるものの、別に困るほどのことではないですよね。

3D Touchに関して、別に無くても困らない人も多いと思いますし、これこそソフトウェアアップデートで長押しで出来るようにすれば良いだけです。

廉価版に機能を求めてはいけません。

機能が沢山ある=便利=満足度。に繋がるというわけではなくて、本当に無駄な機能を外していかなければ、本体価格は上がりっぱなしです。

そして、部品を沢山入れ込むわけだから重量も重くなります。

このことから、3D Touchに関しても長押しで代用すれば問題ないと個人的には考えています。

全体の結果の感想

今回、発表されていた顧客満足度のランキングを見てみると、AppleのiPhoneと、SamsungのGalaxyしかないですね。

そんな中でiPhone SEが1位という結果が出ているわけですから、やはり完成度はかなり高いということがわかりますよね。

Galaxy S6 Edgeを超える結果が出ているわけですから、今後もエントリーモデルとして復活させるべきだと思っています。

あきらめたらそこで試合終了だよ

あきらめたらそこで試合終了だよ」という言葉を知っているだろうか?

言葉の通り、諦めてしまったらそこで全てが終わってしまう。

最後まで諦めずに希望を捨てずにいたら、何かしらの結果が得られる。

もし、結果がどうあれ、駄目であっても、決して無駄ではない。

結果が駄目でも、無駄ではない理由。

努力して、何かを実現したいという時でも、その努力は無駄にはならないよね。それまでかけてきた時間というのは、何かしらの役に立つ。

そして、自分がこういう風になって欲しいな。という希望というのも、他の人と共有する事によって強い力になります。

例えば、Change.orgでMacBookの画面とキーボードの問題について、キャンペーンがあっていたのですが、こういうのは、絶対誰かが言わなければ、解決しなかった問題ですよね。

諦めずにみんながAppleに指摘した結果が、無償修理に繋がったんじゃないのでないでしょうか。

https://www.change.org/p/apple-fix-all-macbook-pro-2016-and-later-with-stage-light-effect-or-backlight-shutdown-flexgate/u/24592889?cs_tk=AizBC9QxjU3QEa5g6FwAAXicyyvNyQEABF8BvHnq0OTTspvkD8ZnAiYfjtw%3D&utm_campaign=a6b860df6efc4415b10fbf5096955f25&utm_medium=email&utm_source=petition_update&utm_term=cs

このことから、最初から駄目だ、駄目だと言っていても何もならないんだから、自分の気持ちを素直に、「自分ならどうなって欲しいという」考えはしっかりと持って、諦めない心を持ち続けた方が、後悔しないと思っています。

思うだけなら自由ですからね。

特定の人を攻撃的に発言できないようにする行為は駄目ですけど、iPhone SEの復活に関しても、みんなが欲しい、ということを粘り強くAppleに求めていけば、きっと叶うかもしれません。

iPad miniが復活したぐらいですから、可能性は0ではありません。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)