スポンサー1

iPhone 6にiOS 13.0 beta 1をインストール可能についての真相

シェアする

スポンサー2

iPhone 6にiOS 13.0 beta 1をインストール可能についての真相を説明させていただきます。

昨日の記事

iPhone 6にiOS 13.0 beta 1をインストールに成功した報告

追加情報

iPhone 6と6sはipswのファイルの多くを共有しているので、iOS 13がiPhone 6と互換性があるという説明がされています。

また、iPhone 5sで動作確認ができない理由として、iOS 13を実行できるA7チップを搭載したデバイスがないからだということです。

Also for those asking, no Touch ID is not working with iOS 13. Not 100% sure why yet but we’re getting it sorted out.

— (@NightigerFTW) June 16, 2019

また、iOS 13ではTouch IDが機能していません。

まだ100%確信が持てませんが、整理されています。

Trust me, I’ve seen your tweet multiple times, I’ll be uploading a video later tonight

— (@NightigerFTW) June 16, 2019

私を信頼してください、

私はあなたのつぶやきを何度か見ました、

私は今夜遅くにビデオをアップロードするつもりです。

情報の真相

はい。

あなた方全員が正しかった。

これはすべて、4〜7人の友人を対象とした無害な悪ふざけでした。

それについてすみません。

記録としては、Jakeがなぜそれが本物だと信じているのか私にはわかりませんが、iPhone 6上のiOS 13は偽物です。

「開発者」は自分のアカウントを非公開にし、それがいたずらだと投稿しました。

iOS 12.1.3 – > 12.2をお使いの場合は、iOS 13 Betaから離れてください。

iPhone 6のiOS13ポートは偽造されていることが確認されています。

私の推測:https://www.reddit.com/r/jailbreak/comments/c17a34/_/erblqas/?context=1

証明:https://www.reddit.com/r/jailbreak/comments/c17a34/_/ercxksk/?context=1

疑問はあった

iPhone 6に互換性のないiOS 13がインストールできるという情報に確かに疑問はありました。

仮に、iPhone 6sのipswとファイルの多くを共有していたとしてもインストールはどうするのかという事が1番の疑問です。

iPhone 6はiOS 13をサポートされていませんから、当たり前のことですがSHSHは発行していないわけですよね。

ということは、SHSHなしでインストールしているということになるはずです。

それなら復元し放題ということになりますよね。

iPhone 6でiOS 13がインストールできるメリットもいくつかあるわけですけど、サポートが終了したデバイスでiOS 13が動作すれば、仮に脱獄も可能になればいじり放題になると個人的には考えていました。

iPod touch 4Gの場合

iPod touch 4Gに関しては、iOS 7とは互換性はありませんでしたが、同じA4チップのプロセッサを内蔵しているiPhone 4のipswを使用して無理やりインストールする事ができました。

iPod Touch 4Gは、いくつかのコンポーネントとRAMを除いて、iPhone 4に似ています。

iPod Touch 4GのRAMが256MBですが、iPhone 4のRAMは512MBという違いがあり、AppleはiOS 7をサポートしない結果になったと言われています。

iPhone 5sとiPhone 6の場合もRAMが1GBしかなく、iOS 13対応デバイスの全てのRAMは2GBという事で、今回も同じような理由でサポートが切られた可能性が高いです。

まとめ

今回の情報は嘘だった訳ですけど、需要がある、無い関係なく、普通であればできない事が行えるという部分に意味があり、遊び心は重要なものだと個人的には思います。

そして最後に、にゃーん。にゃーん。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)