【HNKをぶっ壊す!】NHKのホームページでNHK撃退シールを紹介

NHKのホームページでNHK撃退シールを紹介していました。

動画(大橋昌信)

NHKホームページ「NHK受信料の窓口」

NHK受信料の窓口-受信料のご案内・受信料のお手続き
受信料のご案内、受信契約・住所変更・クレジットカードによるお支払い・家族割引のお申込み・メッセージの消去等、受信料に関するお手続きページです。

直リンク: NHKの訪問を撃退するとのシールについて ※詳細はこちら

NHKの訪問を撃退するとのシールについて

放送法第64条第1項において、「協会の放送を受信することので きる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契 約をしなければならない。」と定められています。

玄関先に貼るとNHK担当者が訪問しなくなるとするシールが配 布されていますが、シールの有無にかかわらず、NHKは契約・支払 をしていただくため、まだ契約をいただけていないお客様や未納と なっているお客様のお宅を訪問しています。

受信料制度の理解促進と公平負担の徹底に取り組んでいることを ご理解ください。

放送法第64条第1項 

第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

放送法:https://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a724900001.html

NHKの説明が不十分

NHKの訪問を撃退するとのシールについて」について、NHKは「協会の放送を受信することので きる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契 約をしなければならない。」と定められているということで説明されていますが、おかしいですね。

ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。』という説明を何故省略しているのでしょうか。

放送の受信を目的としない」場合は、NHKの受信料を支払う必要はないのです。

携帯電話やカーナビのワンセグについて

NHKは、携帯電話やカーナビのワンセグでも受信料の支払いを求めていますが、「放送の受信を目的としない」場合はNHKの受信料を支払う必要はありません。

まず、携帯電話やカーナビは何をする為のものなのかを考えてみましょう。

携帯電話は名前の通り電話などで連絡を取り合う為の道具です。

カーナビは車で目的地に行く時に地図を表示させたり、道案内をする道具です。

必ずしもNHKの受信を目的として設置しているとは限りませんし、ワンセグはそのおまけ機能みたいなものです。

また、ワンセグはテレビとは違って設置しているものではありません。

携帯電話やカーナビに勝手についてくる機能を設置したと言うのは無理がありますよね。

なので、ワンセグで受信料を支払う必要はありません。

NHKの受信料を不払いにする方法

NHK受信料を自動引き落としかクレジットカードで支払っている方は、こちらから簡単に自動引き落としをストップして受信料の不払いが出来ます。

NHK受信料の窓口-継続振込への変更のお手続き

NHKから国民を守る党ホームページ

NHKをぶっ壊す!

http://www.nhkkara.jp/index.html