スポンサー1

スコットフォーストールとジョナサンアイブは関係が悪かった

シェアする

スポンサー2

スコットフォーストールとジョナサンアイブは関係が悪かったと言うことで、簡単にご説明します。

スコットフォーストールとジョナサンアイブ

報告

ルームバーグビジネスウィークは、スコットフォーストールが工業デザインのジョナサンアイブ上級副社長の会議に参加しなかったと報告しています。

  • 会議を非公開にしたため匿名を要求した問題についての知識を持つ人々によると、スコットフォーストールはiPhoneを運営するソフトウェアを担当するグループを監督していたが、会議には参加しなかった。
  • ジョナサンアイブとスコットフォーストールはめったに同じ部屋にいませんでした、と人々は言いました。

それだけではなく、 ブルームバーグはスコットフォーストールの会議にも参加することを拒否したと報告しています。

スティーブジョブズは両者の仲介役

ブルームバーグ氏によると、Apple CEOのスティーブジョブズはスコットフォーストール、ジョナサンアイブの両者の仲介役を務めたらしいです。

スティーブジョブズがこの世を去ったので、ティムクックは誰を維持するかを決定しなければなりませんでした。

スコットフォーストールは彼の同僚とのコラボレーションではそれほど大きくはなかったので、ティムクックはジョナサンアイブを選びました。

iOS 7でデザインが変わった理由

ジョナサンアイブはiOS 7よりソフトウェアのデザインも担当するようになり、現実のオブジェクトをデジタルで模倣したスキュモーフィズムデザインではなく、何もかもがペシャンコで立体感も高級感も無いフラットデザインに変更しました。

スキュモーフィズムデザインのこだわり

AppleのCEO、スティーブジョブズが、iPad用のカレンダーアプリや友達を探すアプリなど、iOSのスキュモーフィズムデザインを大いに擁護していることは数え切れないほどの報告があります。

なので、iOSの生みの親と言われているスコットフォーストールiOS担当上級副社長は、iOSにスキュモーフィズムデザインを積極的に採用していました。

2013年以降、Appleが行ってきたことのいくつかは天国に旅立ったスティーブ・ジョブズが反対している可能性がある

ですが、ジョナサンアイブはiOS開発当初からフラットデザインを採用したかったという報告も上がっています。

スコットフォーストールが2005年、iOS向けのジョナサンアイブのビジョンをブロックしていた

スコットフォーストールApple退社後、翌年に公開されたiOS 7で試行錯誤を繰り返して出来上がったスキュモーフィズムデザインが綺麗に消え去ったのは残念です。

iOS6 VS iOS7

スコットフォーストール
ジョナサンアイブ

スコットフォーストールのApple復帰が期待されている

最近になって、ジョナサンアイブのApple退任について話題になっていますが、それによってスコットフォーストールのApple復帰が期待されています。

@forstallがAppleに戻ってくるのを見たいのであれば、おそらく彼は何年も会社に欠けていたUser Centered Designの時代を取り戻すことができるでしょう。

@forstallをAppleに戻してください。

スコット! あなたはフラットデザインがより美しくあるか、またはSkeuomorphicデザインだと思いますか? 私は個人的にSkeuomorphicははるかに美しいと思います。

スコットフォーストールはiPhoneを使っている

2019年6月10日のスコットフォーストールiOS担当上級副社長のツイートは、iPhoneから投稿されていました。

iPhoneの機種までは分かりませんが、今でもiOSをしようしているということは、Apple復帰を期待したいですね。

sauce:https://bgr.com/2012/11/03/apple-executive-drama-scott-forstall-jonathan-ive-meetings/

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)