スポンサー1

iPhone SEは必要とされている完成度の非常に高いiPhoneである

シェアする

スポンサー2

iPhone SEは必要とされている完成度の非常に高いiPhoneであるということで説明します。

リンク

https://appleinsider.ru/iphone/iphone-se-popytka-vozvrata.html

Appleのコメント

Appleは、iPhone SEを世界で最も強力な4インチスマートフォンと呼んでいましたが、この定義だけが明白に、そして絶対に正しいものでした。

モデル名の文字は「Special Edition」であり、「特別版」として翻訳できます。

iPhone SEが登場した背景

このiPhoneは強制的な緊急対策でした。

2015年9月に発売されたiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの販売は急速に消滅し、2016年の初めには低調に推移しました。

なので、iPhone 6s / 6s Plusの期待は下がってしまったのですが、それはすでに明らかでした。

2016年の第2四半期(1〜3月)に、「スマートフォン」の歴史の中で初めてiPhoneの売上高の減少について一般に知らせる必要があり、iPhoneはAppleに2/3の収入をもたらしたのです。

そして、困難なマクロ経済情勢および競合他社の間でのさらなる不況にもかかわらず、これは会社の評判を損なうばかりではありませんでした。

2015年にAppleが販売したiPhone

2015年にAppleが販売した2億1,380万台のiPhoneのうち、3,000万台がiPhone 5sを占めていました。

iPhone 5sの主な長所

  • 安かった(そしてそれがアメリカで、携帯電話事業者との2年契約と一緒に購入されたとき)。
  • 多くの人が小型の電話を好んだ。(手の大きさのためだけでなく、スティーブ・ジョブズの金色の式は科学的に基づいていておそらく正しい)。

iPhone 5sの製造継続は不可

iPhone 5sの製造を数千万の単位で継続することができなくなりました。

その理由として、それらのコンポーネントの多くはもう生産されていないからです。

例えば、Apple A7、世界初の64ビットモバイルプロセッサを搭載したシステムオンチップ、またはApple M7モーションコプロセッサを 数千万の機器のために生産を再開することは、不経済であり、現在の経済状況ではまだ非現実的です。

しかし、それが市場のひどい悪天候でなければ、その生産は単に中止され、そしてiPhone SEは存在しなかったでしょう。

世界で最も強力な4インチスマートフォン

iPhone SEはiPhone 6sの部品をちょっと変わったiPhone 5sケースに詰め込まれています。

これは真実に非常に近く、ほとんどすべてのテストにおいて、iPhone SEとiPhone 6sは同じ結果を示しました。

また、信じられないほどの正確さで、iPhone 6s用により広いスペースに配置するために最適化されたものを、iPhone SE用により小さなサイズのボディに押し込むことは不可能に思えました。

その為、iPhone SEでは絶対に真剣に、Apple社の単一の原則を損なうことなく、数百人のエンジニアのチームが数ヶ月間働いていました。

それを作成した人は小型の携帯電話を好み、それらをよく理解していたようです。

そして、iPhone 5sとiPhone SEの画面は似ているだけではなく、ほとんど同じです。

iPhone SEは3D Touchをサポートせず、それらがほぼ同一に作られたように思われます。

しかも、iPhone SEはほとんどの場合、バッテリの充電を長持ちします。

iPhone SEの中身に関して

  • 2コアのTwisterプロセッサを搭載したApple A9。
  • クロックは1.85 GHz、最上位(2番目)のキャッシュは4メガバイト。
  • 2 GBのRAM、LPDDR4。 GPU PowerVR GT7600、6コア。
  • Apple M9モーションコプロセッサ(Siriサポート付き)はシステムオンチップチップに搭載。
  • NFC(Apple Payのみ)、フラッシュメモリ接続用のNVMe。

実際にはiPhone 6sとほぼ同じでありましたが、iPhone SE用に小さいバッテリーと容量、そして電子部品を配置するためのボードを新しく開発しなければなりませんでした。

まとめ

iPhone SEはiPhone 6sの販売不振によって登場したモデルという事が分かりますが、安さだけではなく、小さな電話を望むユーザーから幅広く支持され、現在でも新型iPhone SEを待っているユーザーがいます。

iPhone SEは、スティーブ・ジョブズが最後の最後までこだわった片手操作が可能なスマートフォンで、デザインも完成されており、決して無くしてはいけないモデルです。

2018年の新型M字ハゲディスプレイのiPhoneは大失敗し、2019年の新年早々Appleショックが起きましたから、個人的にはiPhone 6sの時よりも酷かったと思っております。

この機会にiPhone SEは復活させるべきです。

iPod touchに関してもA10チップ内蔵で新型がWWDC2019前に登場しましたし、作ろうと思えば作れるはずです。

個人的な理想なラインアップは以下の通りです。

  • iPhone X → 高級モデル(5.8インチ)
  • iPhone 8 → 標準モデル(4.7インチ)
  • iPhone SE → 低価格モデル(4インチ)

1日でも早くiPhone SEが復活して欲しいです。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)