スポンサー1

‪【2019年政見放送】静岡選挙区 NHKから国民を守る党 ‬ 畑山浩一 全文

シェアする

スポンサー2

‪【2019年政見放送】静岡選挙区 NHKから国民を守る党 ‬ 畑山浩一 全文です。

動画

全文

引き続きNHKから国民を守る党、畑山浩一さんの経歴及び政見放送です。

参議院静岡県選出議員選挙候補者、畑山浩一。

昭和45年3月4日生まれ、49歳。

三重県伊勢市出身、北海道札幌市に育つ。

北海道札幌琴似工業高校卒業、現在愛知県岡崎市にて運送会社社員。

静岡県、そして全国の皆さん、はじめましてこんにちは。

NHKから国民を守る党より立候補いたします。

畑山浩一と申します。

NHKから国民を守る党なんてふざけた名前、初めて聞く人も多いと思いますが、決してふざけてはおりません。

NHKから国民を守る党の代表は、政治家でインターネットの動画で大活躍中の立花孝志、元NHK職員でございます。

この政見放送にあたって、私は生真面目なもので、仕事中も受信料の不公平負担のことを話そうか、放送法のおかしなことを話そうか、悩んでいました。

すると代表が、政見放送はおもしろおかしく、見ている人が楽しくなるようにやってくれって言うんですよ。

私はとっても困っています。

どなたか、アイデアをいただけないでしょうか。

代表は例として、党のキャッチフレーズと言いますか、合言葉のNHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、を5分間政見放送中ずーっと連呼してもいいぞなんて言いますが、小心者の私は、NHKさんのスタジオでNHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、なんて言えません。

NHKさんのスタッフの方々のいる前でNHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKをぶっ壊す、NHKを壊す、なんてほんと言えません。

ご期待に添えなくて申し訳ありません。

でも、これもそれもNHKさんがスクランブル放送化を実施してくれれば、私の悩みも全部解決します。

わが党の公約と目標はただ1つ。

NHKのスクランブル放送の実現のみです。

スクランブル放送って何ってなりますよね。

スクランブル放送を簡単に言いますと、電気、ガス、水道のように、お金を払わなければサービスが止まる。

受信料を払わない人にはNHKの電波を止める、という簡単な話です。

スクランブル放送さえしていただければ、我々のように見ていないから払わない。

こういう人のところに夜遅い時間に来る、こわーい集金人の方がもう来なくなります。

もう夜遅くにチャイムをピンポンピンポンピンポーンと連打されることもなく、ドアをドンドンドンドンドンドンと叩かれるということもなくなります。

夜は安心して眠ることができます。

ここからは私個人の考えなんですが、スクランブル放送にすると、NHKを見ていて受信料ちゃーんと払っている方にも、プラスになると思われます。

まず、集金人が必要なくなりますから、集金人を雇っている委託会社に支払われる年間何百億円というお金が余ります。

そして最近は、受信料を滞納している人や、未契約の人に行っている裁判がなくなりますので、東京の高い弁護士費用も必要なくなります。

それと、NHKを見ているのに受信料を払っていない方がいます。

その方々の中には、NHKを見るためにちゃんと契約して受信料を払う人が増えるかもしれません。

結果、支出が減って収入が増えれば、今、受信料を払っている方々の負担が減るかもしれません。

職員さんの給料も、今は平均年収1780万円と言われていますが、2000万円、2500万円と上がるかもしれません。

スクランブル放送さえしてくれれば、NHKから国民を守る党は解党して、なくなります。

職員さんがどれだけ高い給料をもらっても、党がなくなれば追求は申しません。

どうか、スクランブル放送化が実施されるまでの間、受信料不払いしている方受信料を払っている方、NHK職員の皆さん、NHKから国民を守る党にどうか力を貸してください。

それと、我がNHKから国民を守る党には、NHK関係でのトラブル、受信料の不払いの方法のご相談、そして質問等を受け付けるコールセンターがございます。

電話は0336960750、0336960750でございます。

お気軽にお電話下さい。

NHKをスクランブル放送化して、NHKをぶっ壊す。

そして、NHKがぶっ壊れたら、NHKから国民を守る党をぶっ壊す。

ありがとうございました。

参議院静岡県選出議員選挙候補者、畑山浩一さんの経歴及び政見放送でした。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)