スポンサー1

Apple Special Eventが行われました

シェアする

スポンサー2

Apple Special Eventが行われました。

iPhone

今回、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの三機種が発表されました。

いずれも昨年発表されたiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxの後継機となっており、画面サイズも6.1インチ、5.8インチ、6.5インチの順になっております。

評判としては非常に悪く、カメラは気持ち悪くてさらに巨大化、重量も重くなっており、価格も非常に高いです。

64GB 128GB 256GB 512GB
iPhone 11 74,800円 79,800円 90,800円 なし
iPhone 11 Pro 106,800円 なし 122,800円 144,800円
iPhone 11 Pro Max 119,800円 なし 135,800円 157,800円

注意:税抜き価格です。

ディスプレイ 高さ 厚さ 重量
iPhone XR 6.1 インチ 150.9 mm 75.7 mm 8.3 mm 194 g
iPhone 11 150.9 mm 75.7 mm 8.3 mm 194 g
iPhone XS 5.8 インチ 143.6 mm 70.9 mm 7.7 mm 177 g
iPhone 11 Pro 144.0 mm 71.4 mm 8.1 mm 188 g
iPhone XS Max 6.5 インチ 157.5 mm 77.4 mm 7.7 mm 208 g
iPhone 11 Pro Max 158.0 mm 77.8 mm 8.1 mm 226 g

みんなが大好きなホームボタンとイヤホンジャック搭載iPhoneも発表されず、さらに、小さくて低価格のiPhone SEの後継機も登場しませんでした。

今回のiPhoneも大した変化もありませんから、売れないと言われているので、アップルショック第2弾を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

なお、iPhone XSシリーズに関しては販売終了しましたがiPhone XRは継続販売され値下げされました。

これが意味することは、今回の新型iPhoneが売れない前提でiPhone XRを残したのではないかなと思われます。

iPhone XSとiPhone XS Maxはハイエンドモデルですから、残す必要もなかったとも考える事も出来ますが、iPhone XRも廉価版とはいえないような価格で当初販売されていましたよね。

なお、iPhone XRは税抜き64800円に値下げされたことによって買いやすくはなりました。

でも、いくら値下げしても、画面は大きくて、M字ハゲディスプレイで、重量も重い端末が嫌いなユーザーは買わないと思いますが、どうでしょうかね。

iPhone SEとiPhone 8の後継機を廉価版として残し、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを完全なハイエンドモデルにした方が、バランスは良いと思います。

現在のiPhoneはカメラとしてしか進化していません。

携帯電話としてのiPhoneを求めているユーザーは小型なモデルを求めています。

片手で操作ができるiPhoneも残すべきではないでしょうか。

iPhone SEはスティーブ・ジョブズの遺作であり、iPhone 5の後継機です。

iPhone 5はスティーブ・ジョブズが生前、最後に開発に携わったモデルとも言われているわけです。

スティーブ・ジョブズが最後の最後までこだわっていた、iPhoneの片手操作に対してのこだわりを絶対に忘れてはいけないと思います。

また、iPhone SEは4インチというサイズだけではなく、価格面でも支持されていますし、iPhoneは高くて買えないというユーザーでもなんとか購入できたという人もいるはずです。

そういった、サイズとしての選択肢としてだけではなく、買えない人に対する救済処置としてもiPhone SEは必要ですよね。

将来的にこうなってもおかしくはないかなと思いました。

iPad

9.7インチでお馴染みの低価格iPadの新型が登場しました。

主な特徴として、10.2インチRetinaディスプレイに変更され、Smart Keyboardへの対応しました。

ディスプレイ 高さ 厚さ 重量(Wi-Fiモデル)
iPad 6 9.7インチ 240 mm 169.5 mm 7.5 mm 469 g
iPad 7 10.2インチ 250.6 mm 174.1 mm 7.5 mm 483 g
iPad Air 10.5インチ 250.6 mm 174.1 mm 6.1 mm 456 g

残念な点として、画面が巨大化し、重量が重くなってしまったということです。

画面は大きい方が良い人はiPad AirやiPad Proがあるわけですから、わざわざ大きくしなくても良いと思います。

9.7インチもスティーブ・ジョブズが完璧なサイズと考えていた画面サイズですから、なくなってしまったのは残念です。

その他

常時表示RetinaディスプレイのApple Watch Series 5や、TV+、Apple Arcadeが発表されました。

なお、iOS 13.1ベータ版3もリリースしており、ビルド番号は17A5837aとなっております。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)