スポンサー1

macOS Catalinaのユーザーをさらに保護する取り組みについて

シェアする

スポンサー2

macOS Catalinaのユーザーをさらに保護する取り組みについてAppleが説明文を公開しました。

macOS Catalina

本日、macOS CatalinaのGM版が公開されました。

それに伴って、AppleがmacOS Catalinaのユーザーをさらに保護する取り組みについて説明文を公表しました。

説明文

https://developer.apple.com/news/?id=10032019a

macOS Catalinaのユーザーをさらに保護するために、開発者と協力して、 App Storeまたはその外部で配布されるすべてのソフトウェアがAppleによって署名または公証されるようにします。

これにより、ユーザーは、どこから入手したかに関係なく、ダウンロードして実行するソフトウェアが既知のセキュリティ問題についてチェックされているという自信が得られます。

6月、 Mac App Storeの外部で配布されるすべてのMacソフトウェアは、 macOS Catalinaでデフォルトで実行するためにAppleによって公証される必要があると発表しました

macOS Catalina GMシードでソフトウェアのすべてのバージョンをテストし、Appleに提出して公証を受けてください。

macOS Catalinaのリリース時期に関して

https://developer.apple.com/news/?id=10032019b

macOS Catalinaは、世界中の何億人ものユーザーがまもなく利用可能になります。

macOS Catalinaを使用すると 、MacアプリでApple、 Sidecar、およびCore ML 3、 Metalの最新の機能を使用したサインインを利用できます。

また、Mac Catalystを使用すると、iPadアプリをMacに持ち込むことができます。

まとめ

現在、開発者向けに公開されているmacOS Catalinaの正式版がもうすぐ公開されることがわかりました。

次のバージョンのmacOSでは、iPadをサブディスプレイとして利用できたり、iPad用のアプリをMacで利用できるようになるなど、さまざまな新機能が追加されます。

macOS Catalinaが正式リリースする日を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

GM版は、公開前の最終段階にある状態のもので、実際にリリースされる予定のものがそのまま正式版として公開されることが多く、基本的には完成されたバージョンとなっております。

ここまでくれば、正式リリースはもうすぐです。

しかし、正式リリースしたとしても、すぐにアップデートするのではなく、様子を見てアップデートすることを推奨します。

開発段階で発見されなかった不具合も正式リリース後に発見される場合もあるので、大型アップデートは特に注意が必要ではないかなと思っております。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)