iPhone 5でApp Store、iCloud、メール、Webなどのサービスを継続して使えるようにするにはiOS 10.3.4にアップデートする必要がある

iPhone 5でApp Store、iCloud、メール、Webなどのサービスを継続して使えるようにするにはiOS 10.3.4にアップデートする必要があるそうです。

Appleサポート

iPhone 5 をお使いのお客様は、正確な GPS 位置情報を維持し、正しい日時に基づいて機能する製品やサービス (App Store、iCloud、メール、Web ブラウザなど) を継続して使えるようにするため、協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 11 月 3 日 午前 9 時)* までに iOS をアップデートする必要があります。これは、いわゆる GPS 週数ロールオーバーの問題によるもので、他社メーカーの GPS 搭載製品では 2019 年 4 月 6 日頃から影響が出始めています。一部の Apple 製品もこの影響を受けますが、影響が出始めるのは協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 11 月 3 日 午前 9 時) 以降です。

App Store、iCloud、メール、Web、その他のサービスを継続して使えるよう iPhone 5 をアップデートする
iPhone 5 をお使いのお客様は、正確な GPS 位置情報を維持し、正しい日時に基づいて機能する製品やサービス (App Store、iCloud、メール、Web ブラウザなど) を継続して使えるようにするため、協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 1

アップデート

Appleサポートによると、2019年11月3日以降はiPhone 5はOTAでのソフトウェアアップデートやiCloudバックアップが機能しなくなるとのことです。

最新バージョンにアップデートする必要がある場合は早めにOTAアップデートするか、Mac や Windows パソコンを使ってバックアップおよび復元してください。

GPS 週数ロールオーバーの問題

2012 年以前に発売された一部のモデルの iPhone や iPad が対象で、問題を解決するにはiOS 9.3.6/10.3.4にアップデートする必要があります。

また、iPod touch や Wi-Fi 専用モデルの iPad はこの問題の影響を受けません。

アップデート後の iOS のバージョン デバイス
iOS 10.3.4 iPhone 5
iPad (第 4 世代) Wi-Fi + Cellular
iOS 9.3.6 iPhone 4s
iPad mini (第 1 世代) Wi-Fi + Cellular
iPad 2 Wi-Fi + Cellular (CDMA モデルのみ)
iPad (第 3 世代) Wi-Fi + Cellular
iPhone や iPad のソフトウェアをアップデートして位置情報の問題を回避する
2012 年以前に発売された一部のモデルの iPhone や iPad をお使いのお客様は、正確な GPS 位置情報を維持するため、協定世界時 (UTC) の 2019 年 11 月 3 日 午前 0 時 (日本時間の 2019 年 11 月 3 日 午前 9 時)* までに iOS をアップデートする必要があります。

まとめ

iPhone 5の場合、最新バージョンのiOS 10.3.4にアップデートしないと、OTAでのソフトウェアアップデートやiCloudバックアップが機能機能しなくなるとAppleから報告されていますが、それ以外のサービスに関しても影響が出てくる可能性はありますよね。

脱獄などを理由にアップデートをしていない人にとってはかなり迷惑な話ですが、それ以外に、サポート切ったデバイスのアップデートを提供するAppleの姿勢にも驚くところです。