楽天基地局もうすぐ3000局

楽天基地局もうすぐ3000局ということで、楽天の三木谷社長が報告しています。

ツイート

完全仮想化と高品質で低価格

世界初、完全仮想化クラウドネイティブネットワークによる、高品質で低価格なモバイル通信サービスを実現します。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/

本格参入

現時点では楽天MNOの正式プランは発表されておらず、『無料サポータープログラム』という形で、通信のテストを行っている状態です。

対応機種が限られており、APN情報も公開されていないので、基本的には対応機種以外での通信はできない状態です。

通信の品質や通信エリアは今後改善されるとして、その次に気になる点は、現時点で発表されている対応機種以外で通信が出来るかどうかです。

無料サポーターのTwitter等報告を調べてみる感じでは、ごにょごにょしたら通信できるという報告が上がっています。

楽天MNOの正式プランが発表された後、APN情報も公開され、対応機種以外のSIMフリー端末で通信できるかどうかが気になりますね。

まとめ

SIMフリー端末であり、楽天のバンドに対応している端末で自社回線が使えないと、MVNOから移行する人限られると思います。

やはり、現時点では日本はiPhone大国ですし、iPhoneを使用しているユーザーも多いです。

とにかく、現時点で発表されている対応機種以外でも楽天の公式の方法で使用できるかどうか気になりますね。

正式プランが発表されてから具体的なことはわかると思いますが、その日が楽しみです。