2012年10月29日の悲しい出来事を思い出そう

2012年10月29日、iOSソフトウェア担当上級副社長であるスコットフォーストールは、Appleの独自マップを公開後、Apple社から追放されました。

スコットフォーストールの役職

スコットフォーストールをApple社から追放後、他の上級幹部の間で役職を分割しました。

  • ジョナサンアイブは、ヒューマンインターフェイスチームリーダーシップを引き継ぐ。
  • クレイグ・フェデリギはiOSソフトウェアの責任者。
  • エディ・キューは、Apple独自マップとSiri。
  • ボブ・マンスフィールドはAppleを退職し、新しいテクノロジーグループを率いる。

スティーブとスコット

スコットフォーストールは、スティーブ・ジョブズのキャリア全体で働きました。

スコットフォーストールはスタンフォード大学を卒業後、スティーブ・ジョブズが設立したNeXT社に入社しました。

コンピューターサイエンスの修士号を取得したスコットフォーストールは、NeXTStepオペレーティングシステムを開発しました。

1996年にNeXTを買収したとき、スコットフォーストールは多くの上級スタッフとともにAppleに加わり、スティーブ・ジョブズはAppleに復帰しました。

スティーブ・ジョブズのApple復帰後

スティーブ・ジョブズはすぐに、スコットフォーストールに新しい改良されたMacラインのユーザーインターフェイスの設計を任せました。

スコットフォーストールの大きな貢献は、半透明のアイコンや反射などのデザイン要素を組み込んだ、液体にヒントを得たAquaユーザーインターフェイスです。

その後、スコットフォーストールはNeXTStepテクノロジーに基づいたOS Xを担当し、その後iOS開発の主要人物の1人になりました。

2011年後半、スコットフォーストールはiPhone 4sの基調講演でステージに上がり、初めてSiriを披露しました。

終わりの始まり

Apple社以外では、スコットフォーストールが将来的にAppleのCEOになる可能性があると考えている人もいました。

しかし、スティーブ・ジョブズが2011年10月5日に亡くなった後、スコットフォーストールは勢いを失ったようです。

考えられる理由の1つは、Appleの最も価値のある人的資産であるジョナサンアイブとの権力闘争だと言われています。

特に、ジョナサンアイブとスコットフォーストールは、スコットフォーストールが愛し、ジョナサンアイブが嫌いだった「スキューモフィズム」(スキュモーフィズムデザインのiOS採用を強く提唱したのはスティーブ・ジョブズ)をめぐって衝突しました。

衝突について

スティーブ・ジョブズは衝突した強い性格が好きだったのに対し、新しいApple CEOのティムクックはそうではないと伝えられています。

スコットフォーストールの衝突につながった刺激的な事件は、未完成のApple独自マップでした。

それに加えて、iOS 6にはスイスの鉄道デザインにそっくりな時計アプリが搭載されていたため、Appleはライセンス料2,000万ドルを支払いました。

また、Appleの独自マップ問題について正式な謝罪の手紙を書くことで合意に達しましたが、スコットフォーストールは署名を拒否しました。

この出来事がきっかけで、スコットフォーストールはAppleを追放されることになりました。

Apple追放後のスコット・フォーストール

Appleを去った後、スコットフォーストールはSnapchatへのアドバイスとブロードウェイの共同制作を除いて、ほとんど姿を見せませんでした。

スコットフォーストールはSnapchatのアドバイザーになっていた

2015年5月、スコットフォーストールはAppleについてWall Street Journalに数件のパブリックコメントを行い、クパティーノは優れた製品を製造していることを「喜んで」いると述べました。

2017年、スコットフォーストールはiPhoneの発売から10周年を記念していくつかのインタビューも行いました。

sauce:https://www.cultofmac.com/509277/today-in-apple-history-scott-forstall-forced-out-of-apple/