macOS Sierra以降で、ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行許可の「すべてのアプリケーションを許可」項目を復活させる方法

macOS Sierra以降で、ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行許可の「すべてのアプリケーションを許可」項目を復活させる方法を紹介します。

注意事項

セキュリティを気にする方は、「すべてのアプリケーションを許可」は無効のまま使用した方が良いと思います。

確認

「システム環境設定」を開き、「セキュリティとプライバシー」をクリックすると、「ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行許可」に関する設定を行うことができます。

ですが、以下の2つの選択肢しかありません。

  • App Store
  • App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

そこで、必要に応じて「すべてのアプリケーションを許可」項目を復活させましょう。

ターミナル起動

Macに標準搭載されている「ターミナル」を起動し、以下のコマンドを実行します。

その際、Macのパスワードの入力を求められることがあります。

有効
sudo spctl --master-disable

確認

有効にするコマンドを入力後、「セキュリティとプライバシー」を確認しましょう。

「すべてのアプリケーションを許可」項目が表示されていたら成功です。

なお、無効にするコマンドを入力すると、「すべてのアプリケーションを許可」は項目から消えます。

無効
sudo spctl --master-enable