checkm8というBootROM ExploitでiOS 12.3以降をsemi-tethered脱獄することができる脱獄ツール

checkm8というBootROM ExploitでiOS 12.3以降をsemi-tethered脱獄することができる脱獄ツールがリリースしました。

ダウンロード

以下のWebページからダウンロードすることができます。

checkra1n
iPhone 5s – iPhone X, iOS 12.3 and up

0.9ベータ版が現在公開されています。

新しいベータ版が公開された段階で、定期的に内容を更新していく予定です。

サポートされていないデバイス

checkra1nは、最終的にiPhone 5sとiPhone Xの間のすべてのデバイスをサポートしますが、このベータ版は次のデバイスをサポートしていません。

  • iPad Air 2
  • iPad第5世代
  • iPad Pro第1世代

これらのデバイスのサポートは、今後のリリースで追加される予定です。

実験的なサポート

次のデバイスのサポートは実験的であり、通常よりも多くの試行が必要になる場合があります。

  • iPhone 5s
  • iPad Mini 2
  • iPad Mini 3
  • iPad Air

これらのデバイスでテストするには、checkra1nアプリを./checkra1n.app/Contents/MacOS/checkra1n_guiをCLIで実行します。

これらのデバイスの信頼性は、将来のリリースで改善される予定です。

サポートされていないプラットフォーム

このベータ版はmacOSでのみ利用可能です。

WindowsおよびLinuxをサポートするための作業が進行中であり、これらは今後のリリースで追加されます。

パッケージマネージャー

現時点では、checkra1nはCydiaのインストールのみをサポートしています。

他のパッケージマネージャーのサポートは近日中に提供され、checkra1nの更新は不要です。

脱獄方法

脱獄したいデバイスをパソコンにつないで、Checkra1nを起動し、「Start」ボタンを押します。

「Next」ボタンを押します。

ツールの指示に従ってiOSデバイスをDFUモードにします。

ツール側の作業が終了です。

「Done」ボタンを押してアプリを閉じましょう。

脱獄作業終了後、ホーム画面に追加されたCheckra1nアプリからCydiaをインストールしましょう。