楽天モバイルMNOが2019年12月10日に発生した通信障害の原因を公表

楽天モバイルMNOが2019年12月10日に発生した通信障害の原因を公表しました。

通信障害の発生日時

  • 発生日時:2019年12月10日(火) 午前8時34分
  • 回復日時:2019年12月10日(火) 午前11時15分

通信障害の範囲

現在、5000人が利用している「無料サポータープログラム」の一部の利用者が全国で音声通話及びデータ通信がご利用できない、もしくは繋がりにくい状況になっていました。

  • 音声:147回線
  • データ:約1,000回線

通信障害の原因

西日本Central Data Center内の課金制御機器におけるデータベースロック処理の不具合によりデッドロックが発生。

  • データベースにおけるデッドロックとは、複数のリクエストがお互いに相手の処理待ち状態でスタックしてしまい、データベース処理が停止してしまう事象を指します。
  • 今回の通信障害は、仮想化技術の導入によるものではありません。

今後の再発防止策

当該機器のソフトウェア処理の変更により、データベースロック処理が遅延してもデッドロックを発生させない対処を実施し、それに加えて、取引のある全てのベンダーに提供ソフトウェアに対してデッドロックに陥る処理が無いか調査を依頼し、早急に実装を完了する予定との事です。

また、電気通信設備又は機能に対する過負荷試験等を実施し、大量の複合的な条件における検証を考慮した試験工程の追加・見直しを行い、監視体制及び監視方法の適切な構築をし、監視体制及び監視方法について、今回発生した不具合を考慮した監視項目を新たに追加することで、更なる充実・強化を図って、4月からを予定している本格サービス開始前までに対応を実施するとしています。

source:https://network.mobile.rakuten.co.jp/failure-information/1/