サポート終了し使用不可になっていたReProvisionが再び動作

サポート終了し使用不可になっていたReProvisionが再び動作するようになりました。

EOL

なぜ物事がうまくいかないのかユーザーが混乱しないように、私はReProvisionを更新して廃止の通知を含めました。

これは、repoでEOLとしてマークされ、「終了」を意味します。

ReProvisionのバージョン0.4.5は、有料の開発者アカウントでも引き続き機能するはずです。

これは、Cydiaの「ダウングレード」オプションのレポジトリで利用可能です

ReProvision v0.5〜release

だから、ええと、これは奇妙です。

ReProvision v0.5〜releaseが再び機能するようになりました!

現在、「変更」->「ダウングレード」->「0.5〜リリース」をタップしてCydiaでインストールできます。

「that’s all folks」画面をバイパスできるようにする更新プログラムをすぐにプッシュします。

ReProvision v0.5.2〜EOL

ReProvision v0.5.2〜EOLが利用可能になりました。

これにより、「that’s all folks」という通知を破棄し、Appleのサーバー側が再び機能するため、ReProvisionの使用を継続できます。

インストール後に再度ログインするよう要求します。

これはまだEOLとしてマークされているので、AppleがReProvisionを再度中断しても、私はそれを修正しません。

ただし、その間、お楽しみください:)