総務省が900MHz帯を使用する新たな無線利用に係る調査の結果と今後の予定について

総務省が900MHz帯を使用する新たな無線利用に係る調査の結果と今後の予定について公表されました。

報道資料

総務省|900MHz帯を使用する新たな無線利用に係る調査の結果と今後の予定
 総務省では、デジタルMCAシステムの高度MCAシステムへの段階的な移行を想定し、デジタルMCAシステムの移行後に導入する新たな無線システムの技術的条件等に関する検討に資するため、令和元年12月6日(金)から令和2年1月15日(水)までの間、対象周波数帯(845〜860MHz及び928〜940MHz)における新たな無線

楽天モバイル株式会社

【携帯無線通信システムでの利用】

FDD 方式による携帯無線通信での利用に係る提案

結果

「携帯無線通信システム」での利用については、検討対象周波数が 3GPP(携帯電話 の民間の国際標準規格の策定等を行うプロジェクト)で標準化されておらず、既存の 基地局設備や携帯電話端末が対応していないなど、導入に向けた見通しが定かでない ことから、調査検討を行う前に、提案者において当該標準化の見通しを明らかにする ことが必要と考えられる。

まとめ

本調査結果をもって、対象周波数帯における新たな無線利用の可否が決定されるものではありませんが、900MHz帯はプラチナバンドと呼ばれている、電波が届きやすい性質がある周波数です。

現時点では、楽天モバイルには1.7GHz帯の周波数しか割り当てられておらず、今後携帯電話事業を進めていくためには、必要不可欠な周波数です。

SoftBankも、プラチナバンドを割り当てられる前は電波が繋がりにくいと言われていましたが、この周波数が割り当てられた後は電波の質が圧倒的に良くなりました。

楽天モバイルが今後もMNOサービスを低価格で実現させるためには、1日も早く、1、2時間も早く、総務省は楽天モバイルにプラチナバンドを割り当てるべきです。