楽天モバイルのドローンを活用した基地局検査

楽天モバイルのドローンを活用した基地局検査が本格始動しました。

Twitter

リンク

楽天モバイルと楽天AirMap、ドローンを活用した基地局検査を本格始動 | 楽天株式会社
楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久、以下「楽天モバイル」)は、無人航空機管制プラットフォームおよびドローンに関する各種ソリューションを開発・提供する楽天グループの楽天AirMap株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役 CEO:向井 秀明、以下「楽天AirMap」)と共同で、ドロー

竣工検査

この竣工検査は、楽天モバイルが全国各地で順次開設している基地局に対し、ドローンで多角的に撮影した写真を用いて行います。

一般的な竣工検査

一般的な竣工検査は、基地局が設置されているアンテナ用コンクリート柱に作業員が登ることによる目視・目検で行われるため、安全対策の徹底や、作業時間・人的コストの削減が課題といわれています。

竣工検査をドローンで代替

この作業をドローンで代替することにより、短時間で効率よく、安全に配慮した検査の実施が可能になります。

これにより、楽天モバイルの自社基地局の開設およびネットワークエリアの拡大を加速することを目指すとのことです。