「Rakuten UN-LIMIT」利用者の満足度は80.0%

「Rakuten UN-LIMIT」利用者の満足度は80.0%という調査結果が発表されました。

リンク

MMD研究所は、2020年6月26日~6月29日の期間で「『Rakuten UN-LIMIT』サービス開始後の利用者実態調査」を実施いたしました。

「Rakuten UN-LIMIT」サービス開始後の利用者実態調査
MMD研究所は、スマートフォンを所有している18歳~69歳の男女26,624人を対象に、2020年6月26日~6月29日の期間で「『Rakuten UN-LIMIT』サービス開始後の利用者実態調査」を実施いたしました。

契約している通信キャリアサービス

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女26,624人を対象

docomo 36.3%
au 23.1%
Softbank 15.8%
Y!mobile 7.5%
楽天モバイル 7.1%
UQ mobile 3.4%
mineo 2.1%
OCN モバイル ONE 1.4%
BLGLOBEモバイル 1.1%
IIJmio/みおふぉん 1.1%
イオンモバイル 1.0%
LINEモバイル 1.0%
BIC SIM 0.3%
U-mobile 0.2%
その他 1.8%
契約なし 0.3%

楽天モバイル

「楽天モバイル」を契約している1,895人を対象

MVNOの楽天モバイル 61.3%
Rakuten UN-LIMIT 29.1%
わからない 9.6%

Rakuten UN-LIMIT

「Rakuten UN-LIMIT」を契約している500人を対象

メイン利用のスマートフォン 67.8%
サブ利用のスマートフォン 28.8%
モバイルルーター 2.2%
タブレット 0.4%
その他 0.8%

「Rakuten UN-LIMIT」の満足度

「Rakuten UN-LIMIT」を契約している500人を対象

満足している やや満足している あまり満足していない 満足していない
総合満足度 23.2% 56.8% 14.4% 5.6%
料金プランのわかりやすさ 47.6% 44.2% 6.2% 2.0%
コストパフォーマンス 45.4% 43.8% 7.6% 3.2%
データ定額 40.6% 44.8% 10.4% 4.2%
通信速度 24.8% 51.0% 18.4% 5.8%
端末のお得さ 28.6% 44.2% 19.8% 7.4%
データ通信品質・安定性 18.8% 52.0% 19.8% 9.4%
サービスブランドの信頼性 16.0% 50.8% 23.4% 9.8%
手続き・サポート対応の良さ 20.8% 42.0% 21.4% 15.8%
端末ラインナップ 14.8% 46.4% 27.2% 11.6%

個人的な感想

MNO新規参入直後ですが、全体的に満足度が高い結果になっており、流石、楽天モバイルだなと思っています。

楽天モバイルMVNOでは、「MVNO契約数事業者シェア」1位、「乗り換えたい通信サービス」1位、「メインで利用している格安SIMサービス」1位、という実績のある会社です。

楽天モバイル: 楽天モバイルは、格安スマホ(MVNO)契約数No.1!
楽天モバイルは、みなさまに選ばれて「格安スマホ(MVNO)契約数No.1」を獲得いたしました。出典:「独自サービス型SIM事業者シェア」MM総研国内MVNO市場規模の推移(2018年9月末)

MNOとしての実績もこれから増えていくと思います。

楽天回線エリアも増えてはきていますが、来年の3月時点で人口カバー率70%という目標に向かって楽天モバイルは基地局を増やしている段階です。

大きな通信障害も最近では起こっていないので、基地局の仮想化技術自体は安定しているものだと思います。

ただ、パケ詰まりや数分間突然通信ができなくなるといった細かな不具合は発生しているようなので、無料期間の間にソフトウェアのバグや基地局を増やして安定性を上げていって欲しいです。

auも、LTEサービス開始後は連続して通信障害を起こしたり、iPhone 5ではパケ詰まりが良く起こる問題、iPhone 5の人口カバー率問題(受信最大75Mbpsの超高速 ネットワークを実人口カバー率96%に急速拡大等と表示してたが、利用できる地域は2013年3月末日時点において実人口カバー率14%の範囲。また、前記の表示をした時点において、実人口カバー率96%に拡大する計画はなし。)などの多くの問題がありました。

一連のLTE通信障害の原因と対策について | 2013年 | KDDI株式会社
KDDIのニュースリリース「一連のLTE通信障害の原因と対策について」をご紹介します。
当社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ | 2013年 | KDDI株式会社
KDDIのニュースリリース「当社に対する措置命令に関するお詫びとお知らせ」をご紹介します。

しかし、その失敗を経験したことにより、今後のサービスに繋げる事はできるはずなので、利用者は、Rakuten UN-LIMITの無料期間は試験サービスと思って、細かな問題に関しては多めにみてあげる事も大事なのではないかなと思っております。

無料で使わせてもらっているわけですから、何故無料なのかを考える必要があります。

楽天モバイルには、1年後の有料化に向けて頑張って欲しいと思います。

*設置されて半年以上放置された三木谷基地局はいつ動き出すのでしょうか🤔