「Rakuten UN-LIMIT」の認知は73.7%という調査結果

「Rakuten UN-LIMIT」の認知は73.7%という調査結果が発表されました。

リンク

MMD研究所は、2020年6月26日~6月29日の期間で「『Rakuten UN-LIMIT』サービス開始後の利用者実態調査」を実施いたしました。

「Rakuten UN-LIMIT」サービス開始後の利用者実態調査
MMD研究所は、スマートフォンを所有している18歳~69歳の男女26,624人を対象に、2020年6月26日~6月29日の期間で「『Rakuten UN-LIMIT』サービス開始後の利用者実態調査」を実施いたしました。

契約している通信キャリアサービス

スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女26,624人を対象

docomo 36.3%
au 23.1%
Softbank 15.8%
Y!mobile 7.5%
楽天モバイル 7.1%
UQ mobile 3.4%
mineo 2.1%
OCN モバイル ONE 1.4%
BLGLOBEモバイル 1.1%
IIJmio/みおふぉん 1.1%
イオンモバイル 1.0%
LINEモバイル 1.0%
BIC SIM 0.3%
U-mobile 0.2%
その他 1.8%
契約なし 0.3%

楽天モバイルが「携帯キャリアサービス」を4月から開始したことを知っているか

「Rakuten UN-LIMIT」を契約していない26,073人を対象

知っており、内容をよく理解している 9.4%
知っており、内容をやや理解している 19.1%
知っているが、内容をあまり理解していない 26.9%
知っているが、内容を全く理解していない 18.3%
いまここで初めて知った 26.4%
認知 73.7%
内容理解 28.5%

個人的な感想

認知度は73.7%ということで、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは多くの人が知っているということがわかりましたが、内容を理解している人は28.5%ということで低い結果となりました。

楽天モバイルの最初のCMは世界初の完全仮想化という内容の話だったので、わかりにくかったというのもあるかもしれません。

しかし、その後、楽天モバイルは女優の米倉涼子さんをイメージキャラクターに起用し、新しいCMが公開されました。

楽天モバイルは、女優の米倉涼子さんをイメージキャラクターに起用

個人的には非常にわかりやすい内容になっており、今後、多くの人に楽天モバイル Rakuten UN-LIMITの魅力が伝わっていくと良いなと思っております。

データや通話も使い放題、料金も2980円、最低利用期間や解約料もない!といった重要な内容がすぐにでも理解できる素晴らしいCMだと思います。

もっと、テレビで楽天モバイルのCMを流して欲しいぐらいです。