楽天モバイルがプラチナバンド割り当てを要求

楽天モバイルがプラチナバンド割り当てを要求しました。

デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)の開催

総務省|デジタル変革時代の電波政策懇談会|デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)の開催

現在の主な問題点

  • 認定期間が終了した後も、再免許により同一の事業者が周波数を利用し続けている
  • 周波数の割当てが長期間、固定化されている(電波が届きやすい周波数は、特に割当てが固定化されている状況)
  • 電波が届きやすい周波数(例:プラチナバンド)は、すでに割当て済みであり、今後の割当て周波数は、電波が届きにくい周波数(Mid Band / High Band)が多い
  • 現状、新規参入事業者は、電波が届きやすい周波数の割当て機会がなく、周波数の割当ても少ないため、既存事業者との公正な競争環境が実現されにくい

楽天モバイルの周波数

「楽天モバイル」の周波数は他キャリアと比較して圧倒的に少なく、カバレッジを作るために必須なプラチナバンドがない状況。

3GHz以下の周波数の中でも、プラチナバンドは価値がある。

ただ、プラチナバンドの保有量は、ドコモ(50MHz)、KDDI(50MHz)、ソフトバンクグループ(50MHz)と、各グループで同等となっている.

プラチナバンド割り当て要望

ユーザビリティの向上の観点から、電波がすみずみまで届きやすく浸透性の高いプラチナバンド競争上必要不可欠ということで、楽天モバイルはプラチナバンドの再配分を検討を要望しました。

プラチナバンドの伝搬特性

1.7GHz帯と比べて電波がすみずみまで届くプラチナバンドでなければ、他キャリアと同等条件でカバレッジをつくることは困難

屋内への電波伝搬特性について

1.7GHz帯は電波伝搬特性上、電波が減衰しやすいため、プラチナバンドと比べ、屋内でのユーザビリティの観点で競争条件が劣後

カバーエリアの比較(シミュレーション)

楽天モバイルが割当てられている1.7GHz帯と比べた場合 プラチナバンドのカバーエリアは、約1.3倍〜2倍