MacのR StudioでRMeCabをインストールする方法

MacのR StudioでRMeCabをインストールする方法を紹介します。

Homebrewのインストール

以下のページを開いてください。

Homebrew
The Missing Package Manager for macOS (or Linux).

インストールの文字の下にあるコードをmacOSのターミナルに貼り付けて下さい。

==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

Press RETURN to continue or any other key to abort

コマンドの実行後、ターミナル上にこの説明が表示された場合、Xcodeコマンドラインツールをインストールする必要があるので、RETURNを押して続行してください。

brew doctorの実行

ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

brew doctor

Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers

with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is

working fine: please don’t worry or file an issue; just ignore this. Thanks!

もし、このような警告が表示されても、Homebrewは正常に動作しています。

mecabのインストール

続いて、同じくターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

brew install mecab
brew install mecab-ipadic

RMeCabのインストール

R Studioを起動し、以下のコードを実行してください。

install.packages("RMeCab", repos = "http://rmecab.jp/R")

動作確認

以下のRスクリプトを実行してください。

library(RMeCab)
res01 <- RMeCabC("楽天モバイルの料金プランは安い")
res02 <- unlist(res)
res02

実行結果

エラーが出ることなく、実行されたらインストールは成功です。