スポンサー1

バッテリーの劣化によりAppleは意図的にiPhoneの性能を落としてた問題

シェアする

スポンサー2

バッテリーの劣化によりAppleは意図的にiPhoneの性能を落としてた問題について説明します。

Geekbenchによる報告

Geekbenchの報告によると、古いiPhoneのバッテリーを交換するとスコアが高くなり、iPhoneのパフォーマンスも向上するという調査結果を公表しました。

iPhone6s

iPhone6sのチャートは次のとおりです。

iOS10.2.0のiPhone6sスコアの分布は、平均スコアの周りにピークを持つユニモーダルであるように見えます。

しかし、iPhone 6sのiOS 10.2.1のスコアの分布は、平均値の周りに1つの大きなピークがあり、低いスコアの周りにいくつかの小さなピークがあるマルチモーダルに見えます。

iOS11.2.0では、その効果はさらに顕著です。

iPhone7

iPhone 7のチャートは次のとおりです。

iOS10.2.0、iOS10.2.1、およびiOS11.1.2のiPhone7スコアの分布は同じように見えます。

しかし、配布はiOS11.2.0で変更され、iOS10.2.1からのiPhone6sの配布のように見え始めます。

今回の問題点

Appleによると、バッテリーの劣化によりiPhoneが突然、シャットダウンする事を防ぐ為に性能を落としてたという事です。

これに関して、本当のことであれば、理解出来る仕様だと個人的には思っています。

しかし、一番問題視しなければいけないことは、この事実をユーザーに公表せず、ユーザーの同意も得ずに、無断で行なっていたということです。

ただでさえOSのアップデートによって動作も悪くなっているところに、バッテリーの劣化を理由にパフォーマンスを意図的に悪くすれば、ますますiPhoneの動作が重くなりますよね。

一部の専門家などではない限り、誰が考えてもバッテリーが原因ということはわかりませんし、多くの人はOSのアップデートで重くなったという事を思うはずです。

そして、次の疑惑が浮上しています。

新しいiPhoneを買わせる為にAppleが意図的に性能を落としていた

iPhoneのOSというものは、アップデートを繰り返すことによって動作が重くなるものです。

なので、iPhoneのパフォーマンスを販売当時のものに戻すにはOSのバージョンをダウングレードするしかありませんが、Appleはダウングレードを正式に認めていませんので、基本的に過去のバージョンに戻すことはできません。

ですが、今回のAppleによる公表により、古いiPhoneのバッテリーを新しいものに交換することによって、ある程度のパフォーマンスは改善されることはわかりました。

ということは、古いiPhoneを持つユーザーに対して、Appleは新しいiPhoneを買わせる為に、バッテリーによるパフォーマンスの低下をユーザーに公表せず、そういった仕様をOSに組み込んでいたという疑惑が浮上しています。

今後の期待

Appleは、ユーザーの知る権利を侵害しました。

iPhoneというのはブランドがあり、非常に値段は高く、価値のあるスマートフォンだと思います。

iPhoneを買った方の中には大切に使いたい、出来る限り長く使いたいというユーザーというのもいるはずです。

そういったユーザーに対して非常に失礼ではないでしょうか?

バッテリーの交換によりiPhoneのパフォーマンスが向上するのにも関わらず、そういった情報をユーザーに公表せず、ユーザーの同意を得ずに行なっていたというのは明らかにおかしい事だと思います。

今後、Appleは何かしらの対応を世界中の多くのユーザーから求められるものだと思いますが、バッテリー状況を簡単に確認ができる機能であったり、パフォーマンスを低下させている事をユーザーに通知する機能であったり、バッテリー交換の料金を割引するなどの対応を期待しています。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)