スポンサー1

2018年4月以降、App Storeに提出される新しいiOSアプリは、iOS11SDKで構築する必要があり、iPhoneXにサポートする必要がある

シェアする

スポンサー2

2018年4月以降、App Storeに提出される新しいiOSアプリは、iOS11SDKで構築する必要があり、iPhoneXにサポートする必要があるということで、デベロッパー向けサイトで案内されたということで簡単に説明します。

1.Appleからの案内

・Xcodeのバージョンを、Mac App Store(iOS 11 SDKを含む)で入手できるXcode 9の最新リリースにアップデートし、アプリケーションをビルドします。

・2018年4月以降、App Storeに提出される新しいiOSアプリは、すべてiOS 11 SDKで構築する必要があります。

・ユニバーサルアプリを含むすべての新しいiPhone用アプリは、iPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートしている必要があります。

2.AppleによるiOS11とiPhoneXの説明

・iOS 11は現在、世界中の何億人もの人々の手に渡っています。

・すばらしい新しいiPhone Xがここにあります。

・App Storeはすばらしいアプリケーションを紹介し、新しいお気に入りを発見するのに役立つ美しい場所を提供するため、一新されました。

・アプリや製品のページを更新し、提出してください。

3.まとめ

App Storeが登場したiPhoneOS2時代は、3.5インチディスプレイのiPhoneやiPod touchしかありませんでした。

そして、iPhoneOS3時代に登場したiPadに関しても、iPhone用に開発されたアプリを無理やりiPadの画面に拡大して使用することも可能でしたので、アプリの開発者には特に大きな負担というのもほとんどありませんでした。

しかし、2018年現在はさまざまな画面サイズに対応する必要があり、開発者にはかなりの負担がかかっているという現実があります。

iOS9などといった旧バージョンに対応しているアプリであれば3.5インチを含め、iOS10以降に対応しているアプリに関しては4インチ、4.7インチ、5.5インチ。

そして今回、iOS11の対応に加えてiPhoneXの為だけに5.8インチにも対応させなければならなりません。

特に問題なのは、画面サイズによってボタンの配置など、レイアウトを整える為に細かい作業が必要となります。

個人的に、iPhoneXのような特徴的な画面サイズのデバイスを作るべきでは無かったと思いますし、これ以上開発者に負担をかけるべきでは無いと思っています。

また、この様に、アップデートを強要することによって、一般の方が開発したアプリのアップデートが行われないという問題も出てくる可能性があります。

その結果、32bitアプリの様に将来のiOSバージョンで動作しないアプリが増えていってしまうことに繋がります。

ちょっとした機能追加のアップデートをする為にiOS11に対応させるだけではなく、iPhoneXの画面に対応させたりするのははっきり言ってかなりめんどくさいですよね。

少なからず、なんでもかんでもアップデートを強要するだけではなく、少しでも負担を減らしてあげるなど、アップデートしやすい条件を与え、開発者に対してそういった事は配慮すべきです。

なので、現状を一言で表すと、開発者にとってアプリをアップデートしにくい状態をApple自らが生み出しています。

ただ、iPhoneXが出てしまった以上、どうする事も出来ないため、アプリの開発者には今後、これまで以上に負担が増えてくることが予想されます。

スポンサー3
スポンサーリンク
スポンサー2(PC)



スポンサー2(PC)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー2(PC)